FAQ

バトル

  • 「ひっさつわざ」を打つ前に!

    「ひっさつわざ」を使用する際に、「気力ゲージ」を全て消費してしまうため、その前にしっかりと妖怪の「立ち位置」を確認。自妖怪の体力や「ひっさつわざ」の特性次第では、「前衛」「後衛」の配置を整えてから「ひっさつわざ」を打とう。(2019年3月11日、現在)

  • 相手の「ガード」を見極めよう!

    バトル時に相手妖怪が「ガード」をしているときは、ダメージを大きく軽減されてしまうため倒しきれるとき以外は「ひっさつわざ」の使用は控えたい。相手妖怪が次の行動を取った瞬間に「ガード」が解けるため、そのタイミングまで我慢。(2019年3月11日、現在)

  • バトル突入前に相手妖怪の種族をチェック!

    バトル突入前に相手妖怪の「種族」(画像左上黄色枠)を確認しておきたい。「種族」の相性によって戦況の有利不利が大きく変わるため、相手妖怪に有利な「バトルメンバー」で挑むのがオススメ。(2019年3月11日、現在)

  • 「ガード」とは?

    バトル時の行動パターンの1つ。「ガード」時の妖怪は被ダメージが著しく下がる。(2019年2月22日、現在)

     

  • 「敗北」とは?

    「プレイヤーHP」が0になってしまうとバトルに「敗北」したことになる。「妖怪玉」を使うことで「強化コンティニュー」が可能。(2019年1月5日、現在)

  • 「気絶」とは?

    バトル時に妖怪のHPが0になった状態。復活するまではバトルに参加することができない。(2019年1月5日、現在)

  • 「サボる」とは?

    バトル時になにもせず一回分の行動を消費してしまうこと。「せいかく」に左右されやすく、ランクが高い妖怪はサボりやすい傾向がある。(2019年1月5日、現在)

  • 「こうぶつ」とは?

    妖怪の好きな食べ物のこと。好物。バトル時に「もちもの」から相手妖怪に与えることで、ともだちになる確率を上げることができる。(2019年1月5日、現在)

  • 「こうげき」とは?

    バトル時に行う物理攻撃のこと。「属性」がついていないため「ちから」が高いときに高威力を出しやすい。(2019年1月5日、現在)

  • 「後衛」はいつ設定できるようになるの?

    「後衛」「階級」が「ミジンコ6級」で1体目、「ウサギ10級」で2体目を配置できるようになる。(2019年1月5日、現在)

  • 「とりつく」とは?

    バトル時、敵や味方のパラメーターを強化、または弱体化させたり、「サボる」を誘発させるたりすることで妨害ができる行動。相手からとりつかれた時には「おはらい」で回復するのがオススメ。(2019年1月5日、現在)

  • 「ひっさつわざ」とは?

    バトル時に「妖気ゲージ」を満タンにすることで「妖気ゲージ」「気力ゲージ」を全て消費することで放てる大技。全体攻撃、単体攻撃、回復など効果は様々なため妖怪の「メダル詳細」から確認しておきたい。(2019年1月5日、現在)

  • 「すばやさ」とは?

    「基本能力」の「すばやさ」は、バトル時の行動順の優先度の高さをあらわす値。「プリチー族」は全体的に「すばやさ」が高い特徴をもつ。(2019年1月5日、現在)

  • 「まもり」とは?

    「基本能力」の「まもり」は、バトル時に相手から与えられるダメージを抑えることができる値の大きさをあらわす。相手の攻撃をひきつけて耐え抜く「タンク」の妖怪に重視されるポイント。(2019年1月5日、現在)

  • 「ようじゅつ」とは?

    「基本能力」の「ようじゅつ」は「属性」のついた攻撃の値の大きさを現す。相手の「属性」の得意・不得意に左右される部分が大きいため、相性を見極めて「アタッカー」として「バトルメンバー」に配置したい。(2019年1月5日、現在)

  • 「ちから」とは?

    「基本能力」の「ちから」は、バトル時に相手に与える物理攻撃の値の大きさを現す。物理で相手を倒すための「アタッカー」として重視されるポイント。良くも悪くも「属性」に左右されないのが特徴。(2019年1月5日、現在)

  • バトルメンバーには攻撃役(アタッカー)を入れよう!

    相手にダメージ与えることが役割で「ちから」の強い妖怪のこと。「バトルメンバー」「前衛」には必ず、相手を倒すための「アタッカー」を配置したい。「回復役(ヒーラー)」も加えることで「アタッカー」の息切れを抑えることができる。(2019年1月5日、現在)

  • 「挑戦状」とは?

    イベントで「ゆうびん」に妖怪からの「挑戦状」が届くときがある。受け取ることで「百鬼夜待」に追加。「ゆうびん」から受け取った時間から「百鬼夜待」の24時間のカウントが始まるので、注意。(2019年1月5日、現在)

  • バトルメンバーには回復役(ヒーラー)を入れよう!

    「ミジンコ初段」からはバトル後の自動回復が無くなるため、HP回復の「ようじゅつ」である「極楽の術」などを持っている妖怪を「バトルメンバー」「前衛」に1体は組み込みたい。「せいかく」が「やさしい」であれば回復してくれる確率も上がる。(2019年1月5日、現在)

  • バトルスピードは変えられる!?

    バトル時に画面下部の「再生ボタン」(画像赤枠)をタッチすることで「通常速度」と「倍速モード」の2種類のバトルスピードに切り替えられる。(2018年12月10日、現在)

  • 「一時停止ボタン」とは?

    バトル時に画面下部の縦2本のボタン(画像赤枠)をタッチすることで、「一時停止」することができる。(2018年12月10日、現在)

  • 「基本能力」とは?

    バトル時に発揮する能力値のこと。物理攻撃で与えるダメージに影響を与える「ちから」。相手から受けるダメージに影響する「まもり」。妖術の効力に影響する「ようじゅつ」。バトル時に行動する順番に影響する「すばやさ」の4つがある。(2018年12月10日、現在)

  • 「おでかけバトル」を挑めないのはなんで!?

    「ヒョーイ」してきた妖怪が「とくぎ」の「平和」を持っていると「おでかけバトル」が挑めない。イベント限定、過去の「ピックアップガシャ」登場などのレアな妖怪に多い。(2018年12月10日、現在)

  • 「強敵注意」とは?

    バトル突入前に表示される「強敵注意」は、現状のレベルで勝つことが非常に難しい相手。無理はせず、戦いを避けてもいいだろう。(2018年12月10日、現在)

  • 「AP」とは?

    「降臨ボス」に挑むために必要なポイント。時間経過で回復するのと、「妖怪玉」を1つ消費することですぐさま「10AP回復」することができる。(2018年12月10日、現在)

  • 「敗北」したときは「妖怪玉」で強化コンティニュー!

    バトルに「敗北」してしまっても、「妖怪玉」を1つ消費することで「妖怪HP」「妖気ゲージ」「プレイヤーHP」が全回復した状態からバトルを再開できる。(2018年12月10日、現在)

     

  • 「バトルメンバー」とは?

    バトルに出陣するために構成された妖怪たちのこと。「前衛」「後衛」で最大5体で1チーム。3チームまで編成できる。「妖怪パッド」「妖怪メダル」→「バトルメンバー」から設定可能。(2018年12月10日、現在)

  • 「前衛」「後衛」とは?

    バトル時に、バトルに参加し行動する前列の妖怪が「前衛」。バトルに参加せず、後列に控えている妖怪が「後衛」。(2018年12月10日、現在)

  • バトル時の「立ち位置」ってどうやって変えるの?

    妖怪を「長押し」しながら、移動したい妖怪の元まで持っていき「長押し」を離すことで移動が可能。しかし「立ち位置」の移動には「気力ゲージ」を消費するため、「気力ゲージ」と「立ち位置」次第では移動できないときもある。(2018年12月10日、現在)

     

     

  • 「とくぎ」が発動しないのはなんで!?

    妖怪の持つ特別な能力「とくぎ」。バトル中に発動するものが多く、基本的にバトル開始時の「前衛」配置のみ発動。「後衛」配置では、そもそもバトル中に「とくぎ」は発動しないことが多い。(2018年12月10日、現在)

  • 危ないときは「降参」も大事!

    バトルを挑んだはいいものの、敵が強すぎて全滅してしまいそうなときは画面右下の「一時停止ボタン(縦の2本線マーク)」をタッチ。「降参する」を選ぶことでバトルを終了できる。(2018年12月10日、現在)

  • 「バトル」の「立ち位置」って大事なの!?

    バトル時には画像の「A」「B」「C」の表記のように、妖怪たちの「立ち位置」には縦にラインのような線引きがある。このラインの距離が近ければ「ダメージ」は大きく、遠ければ小さくなる。「立ち位置変更」時の消費する「気力ゲージ」にも影響。例えば「前衛」の真ん中はダメージを「与えやすく、食らいやすい」。(2018年11月24日、現在)

  • 「秘伝書」とは?

    妖怪の「こうげき」「ようじゅつ」「ひっさつわざ」「わざレベル」を上げることができるアイテム。「合成強化」「わざレベル」を上げるのが難しい高ランクの妖怪に使用したい。(2018年11月24日、現在)

  • わざの「属性」とは?

    『妖怪ウォッチワールド』の「ようじゅつ」「ひっさつわざ」には火・水・雷・土・氷・風の6種類の「属性」が存在。各妖怪の「得意な属性」と「苦手な属性」で与えるダメージや食らうダメージに影響が起こる。各妖怪の「属性」については、「妖怪パッド」「妖怪メダル」→妖怪をタッチして「詳細」で確認可能。なお「得意不得意な属性がない」妖怪もいる。(2018年11月24日、現在)

  • 妖怪の「種族」とは?

    妖怪を8種類に分けたもの。「種族」同士には相性があり、バトル時の組み合わせに有利・不利が生じる。「イサマシ族」「ゴーケツ族」「ウスラカゲ族」「ブキミー族」「プリチー族」「ポカポカ族」「ニョロロン族」「フシギ族」が基本的な8種族。他にも「アンドロイド山田」の「ハグレ族」、「怪魔五人衆」をはじめとする「かいま族」、「エンマ大王」は唯一無二の「エンマ族」までが確認されている。(2018年11月24日、現在)

  • 「わざレベル」とは?

    「こうげき」「ようじゅつ」「ひっさつわざ」の強さを表す値。「合成」「合成強化」にて「強化する妖怪」と「素材にする妖怪」が同じ場合、1体につき1レベル、ランダムに上昇。☆マークで表示され、1~10段階に分けられている。(2018年11月24日、現在)

  • 「せいかく」とは?

    妖怪の「メダル詳細」画面にある「せいかく」。バトル時の「まじめ度+行動傾向」をあらわしていて「まじめ度」はサボりやすさ、「行動傾向」は「こうげき」「ようじゅつ」「とりつく」の頻度ごとに細かく分けられている。(2018年11月24日、現在)

  • 「連れ帰り妖怪」とは?

    妖怪を他プレイヤーに「ヒョーイ」させて「呼び戻す」を行ったときに、くっついてきた妖怪を「連れ帰り妖怪」と呼ぶ。バトルをして勝利すると、ともだちになることも可能。(2018年11月24日、現在)

  • 「レベル」を効率よく上げたい!

    レベルを早く上げるためには「バトルメンバー」から「後衛」に妖怪を配置したい。「後衛」に配置することでバトルに参加した扱いになり、経験値がもらえる。また、「とくぎ」の「がんばり屋」は「バトルで勝利したときに得られる経験値を10%増加する」を持つのでオススメ。(2018年11月24日、現在

  • 「たべもの」とは?

    妖怪に食べさせることで効果を発揮するアイテム。「バトル」中は、相手妖怪に与えることでともだちになりすくなり、自妖怪に与えることでHPや「妖気ゲージ」を回復できる。また、「妖怪の木」「おそなえ」することでその「たべもの」が「こうぶつ」の妖怪が寄ってきやすくなる。(2018年11月24日、現在)

  • 「ランク」ごとにレベルの上がりやすさが違うってホント!?

    妖怪はE~Sの「ランク」で分類されていて、レベルアップに必要な経験値がランクごとに全く違う。ランクが低い妖怪ほどレベルが上がりやすく、EランクとSランクのレベルが99に上がる速度は段違い。プレイ序盤はレベルを上げることで強力な「そうび」が手に入る「クエスト」があるため、Eランクの妖怪を率先して育てよう。(2018年11月24日、現在)

  • 「おはらい」とは?

    バトル中に相手妖怪から「とりつく」を食らってしまった場合、その妖怪を「後衛」に引っ込めて10回タップすることで解除することができる。それを「おはらい」と呼ぶ。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖怪メダル」とは?

    「妖怪パッド」から確認可。機能は3つ。1・「ヒョーイ」させるための妖怪たちをメイン画面に控えさせる「妖怪ホルダー」。下部にある「妖怪メダルボックス」からメンバーチェンジができる。2・バトル時の配置を決めることができる「バトルメンバー」。チームを3つ設定可能。3・「親友」のバトルに助太刀させる妖怪を設定できる「おたすけ妖怪」。また、妖怪の姿を写した丸いメダル自身も「妖怪メダル」と呼ぶ。(2018年11月24日、現在)

  • 「そうび」とは?

    妖怪のバトル時のステータスである「ちから」「まもり」「ようりょく」「すばやさ」を増減させるアイテム。「クエスト」「ショップ」「妖怪大戦」で手に入る。「そうび合成」でレベルを上げて増減させる値を変化させることも可能。基本的に「そうび」は1つまでだが、妖怪によっては2つ「そうび」させることができる。(2018年11月24日、現在)

  • 「けいけんちだま」とは?

    妖怪の「けいけんち」を上げることができるアイテム。種類は「ミニけいけんちだま」「小けいけんちだま」「中けいけんちだま」「大けいけんちだま」「超けいけんちだま」「神けいけんちだま」が存在し、「けいけんち」の上がる値は記載順で「10」「50」「500」「2000」「8000」「20000」となっている。前者2つは「ショップ」で購入、後者4つは「クエスト」「妖怪大戦」の報酬で手に入る。「もちもの」から使用可能。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「妖怪パッド」とは?

    メイン画面の右側に位置する顔をもよおしたパッドのこと。タッチすることで各種アプリを閲覧でき、アプリで未確認の情報があった際に「!」マークでお知らせしてくれる。長押ししながら上下にスライドすることで位置調整もできる。(2018年11月24日、現在)

  • 「気力ゲージ」と「プレイヤーHP」とは?

    バトル中の画面左下に位置する上下2つのゲージ。上段の「気力ゲージ」は、時間経過で10まで増えていき「バトルメンバー」の「位置入れ替え」「妖魂注入」「ひっさつわざ」などで使用する。下段の「プレイヤーHP」は、「前衛」妖怪がいなくなった際に飛んでくる相手妖怪の攻撃を耐えられる値、0になると「敗北」。「プレイヤーHP」は「階級」が上がるごとに上昇する。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖気ゲージ」とは?

    バトル中に、自妖怪の名前の横にある人魂のようなゲージのこと。時間の経過でゲージが溜まっていき、「わざOK!」と表示されてるときに自妖怪をタッチして「気力ゲージ」を全て消費することで「ひっさつわざ」が打てる。(2018年11月24日、現在)

  • 「とくぎ」とは?

    妖怪のもつ特別な能力のこと。「とくぎ」には種類がいくつかあり、その効果を発揮する場面は「バトル」「おでかけバトル」「ヒョーイ」「妖怪大戦」など様々。メニューの「妖怪メダル」から「妖怪ホルダー」、または「バトルメンバー」で妖怪をタッチすると「とくぎ」の有無と、効果が確認できる。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖魂注入」とは?

    バトル中に「前衛」の妖怪を長押しすることで、パワーアップする「妖魂注入」を行うことができる。「気力ゲージ」を1消費することで「妖魂注入」を1段階おこなえ、10段階目まで上昇させられる。段階を上げることで効果の時間が伸びるが、ステータスのアップ値に変化は無い。効果が切れてしまうと妖怪がサボりやすくなってしまうため、試合中盤以降に使うのがオススメ。(2018年11月24日、現在)

  • たまに物凄く「けいけんち」が手に入るのは何で!?

    「サーチ」をして、バトルを始めたときに相手側の左右にいる「おとも妖怪」に「ボー坊」「ツチノコ」が出現することがあり、そのバトルで勝利することで普段の何倍もの「けいけんち」が手に入る。その場合「けいけんち」の値は万を超えることがほとんどなので、大きな収穫になる。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「おでかけバトル」とは?

    他のプレイヤーから「ヒョーイ」された妖怪とバトルすること。「ヒョーイ」された妖怪はメイン画面下の「妖怪ホルダー」「妖怪メダル」が追加される、そのメダルをドラッグすると画右下に出現する「バトル」の枠に「妖怪メダル」を移動すれば「おでかけバトル」がはじまる。友達になることも可能なため、気になる妖怪に「ヒョーイ」されたらすかさず挑もう。なお、何回かバトルを終えると「妖怪ホルダー」からはいなくなる。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「妖怪降臨」とは?

    各級ごと、1日数時間だけ現れるイベントバトル。現れる妖怪は時期ごとに変わり、倒すことで友達にすることもできる。出現場所のタイミングは市区町村によって異なる。なお、ボスの強さは「低級」「中級」「上級」にわかれており、それに合わせてAPを「3」「5」「10」と消費して挑む必要がある。「AP」は時間経過を待つか(20分で1回復)「妖怪玉」を使うことで全回復できる。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「さすらい玉」とは?

    バトル中に横から流れてくる人魂のような玉のこと、タッチすることで弾けて報酬やバトルを有利にする効果が得られる。基本的には青色で、レアな金色も存在。効果としては「獲得経験値の増加」「獲得ヨーカの増加」「アイテムがもらえる」「妖気ゲージが増える」「ともだちになる確率アップ」の中から1つ、効果を得ることができる。一定時間さまよった後に画面外へ消えてしまうため、即座にタッチしよう。(2018年11月24日、現在)

  • 「YDチップ」とは?

    「妖怪玉ショップ」にて「¥240」で購入でき、その効果は4つ。1・妖怪のサーチをスキップしてバトルにいける。2・「ヒョーイ」し終えたときに獲得できる「おでかけヨーカ」の量がアップ。3・バトル終了時に妖怪が友達になる確率がアップ。4・バトル終了時の獲得経験値がアップ。といった効果が「30日分」付与される。『妖怪ウォッチワールド』の楽しさが増すアイテムなので、購入してみてもいいだろう。(2018年11月24日、現在)

  • 「おたすけ妖怪」とは?

    「おたすけ妖怪」は「親友」のバトルに助太刀させる妖怪のこと。「妖怪パッド」「妖怪メダル」→「おたすけ妖怪」から設定可能。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「百鬼夜待(ひゃっきやたい)」とは?

    「サーチ」をして妖怪を見つけた際に「あとで」を選択することで、バトルを保留することが出来る機能。保留時間は24時間までで、最大保留数は100体。ちょっとした空き時間に妖怪をサーチしておいてまとまった時間にバトルしたいときや、時間帯限定出現の妖怪を時間内にひたすら溜めるときなど、有効に活用しよう。(2018年11月24日、現在)

  • ヒョーイ

  • 「ヒョーイ」経過はしっかり確認!

    他プレイヤーに「ヒョーイ」中の自妖怪の動向は小まめに確認したい。その他プレイヤーの現在地か「おやすみメダル」になった最終地点でしか「妖怪の木」は埋めることができないので、目当ての地域があるときほど意識したい。(2019年3月11日、現在)

  • 「道民」に「ヒョーイ」せよ!

    『妖怪ウォッチワールド』をプレイしていて「北海道」に到達することが非常に困難だとユーザー間で話題になっている。「レジェンド妖怪」の中でも評価の高い「ブシニャン」「解放妖怪」「すみか」もあるため、「サーチ」で「北海道」のプレイヤーを見つけたときはすぐさま「ヒョーイ」したい。(2019年3月11日、現在)

  • 「ヒョーイ」の時間帯を厳選!

    細かくは地域がらで変わってくるが、「ヒョーイ」する時間帯はプレイヤーたちの大まかな行動パターンに合わるのがオススメ。ねらい目としては「通勤時間のAM7時~9時」「退勤時間のPM18時~20時」「終電間際のPM23時~0時」あたりで「ヒョーイ」したい。行動頻度が落ちる深夜だと「ヒョーイ」時間を無駄に消費してしまう可能性が高まる。(2019年2月22日、現在)

  • 「ヒョーイ」中の妖怪のキラキラはなに!?

    「ヒョーイ」中の妖怪のキラキラは、自身に直接「ヒョーイ」してきた妖怪たち。「のりかえ」が行われた妖怪はキラキラがなくなる。前者は「ヨーカ変換」で手に入る「ヨーカ」が1kmにつき「2ヨーカ」、後者は「1ヨーカ」になる。(2019年2月22日、現在)

  • 「ヒョーイ」承認後に他プレイヤーに移せる?

    メイン画面下部にある「フッタースペース」「ホルダー」にいる自身に「ヒョーイ」してきた妖怪は、他プレイヤーにドラッグすることで「ヒョーイ」させることができる。その際に、移動距離に応じた「ヨーカ」がもらえる。(2019年1月5日、現在)

     

  • 「再ヒョーイ」とは?

    「おやすみメダル」中に「10000ヨーカ」を消費することで、残留していた場所から周りのプレイヤーに再び「ヒョーイ」をすることができ、これを「再ヒョーイ」と呼ぶ。(2019年1月5日、現在)

  • 交通機関に「妖怪の木」を植えよう!

    「妖怪の木」を植えるところに困ったら駅や空港など、多くの人が移動を行う場所に植えるのがオススメ。「ヒョーイ」の競争率は自然と高くなるが、思わぬ場所に連れていってくれるプレイヤーが現れるかも。(2019年1月5日、現在)

  • 「呼び戻す」とは?

    「ヒョーイ」中の妖怪を手元に「呼び戻す」こと。「フッタースペース」「おでかけ」「ヒョーイ」中の妖怪を選んで「呼び戻す」を選択することで実行可能。(2019年1月5日、現在)

  • 移動距離の「ひとだま」の上限

    「ヒョーイ」で手に入る「ひとだま」の上限は「500」。500㎞以上の移動を達成した場合は、一度「妖怪の木」を植えるなどして「呼び戻す」をしてもいいだろう。(2019年1月5日、現在)

  • 「おでかけ」とは?

    「フッタースペース」の「おでかけ」メニュー。または妖怪が「ヒョーイ」している状態のことをさす。「おでかけ」メニューでは「ヒョーイ」中の妖怪の残り時間、移動した距離に加え、「待機中」「承認中」の確認ができる。「妖怪の木」を植える、「ヒョーイ」先から「呼び戻す」「ヒョーイ」している妖怪の「旅の履歴」のコマンドもここにある。(2019年1月5日、現在)

  • 「新しい地区踏破」とは?

    他プレイヤーに「ヒョーイ」させた妖怪が未開の地へ到達した場合、「おやすみ妖怪一覧」から「呼び戻す」ときに「新しい地区踏破」の表示が出る。まだともだちになっていない妖怪や、手に入れていない「おみやげ」が眠っている可能性があるため、チェックしたい。(2019年1月5日、現在)

  • 「旅の履歴」とは?

    「ヒョーイ」したプレイヤーが通って大まかな道順のこと。「フッタースペース」「おでかけ」欄から「ヒョーイ」中の妖怪を選択して、「旅の履歴」から確認可能。「ヒョーイ」を終えて「呼び戻す」をした際にも確認できる。(2019年1月5日、現在)

  • 「ヒョーイ」を許可できる妖怪の上限は?

    自身への「ヒョーイ」を承認できる妖怪の上限は15体まで。上限に達してしまうと他プレイヤーにはマップ画面で「Mマーク」が表示され、「ヒョーイ」されなくなってしまうため、注意したい。(2019年1月5日、現在)

  • 「よく行くところ」とは?

    「プロフィール」画面の地区名(画像赤枠)のこと。そのプレイヤーが普段どこで活動しているのかがわかるため、「ヒョーイ」先の参考になる。市区町村名ボタン(画像緑枠)をタッチすることで、その地域に出現する妖怪や「おみやげ」が確認できる。(2018年12月10日、現在)

  • 「ヒョーイ」とは?

    他プレイヤーの妖怪が、自身(自プレイヤー)に乗り移ってくること。憑依。メリットは3つ。1つ目は、「ヒョーイ」された妖怪に「おでかけバトル」で勝つと、その妖怪を仲間にできる可能性があること。2つ目は、ヒョーイされた妖怪をさらに他プレイヤーに乗り換えさせることで「うんがいゲージ」が溜まること。3つ目は、「ヨーカ」が入手できることだ。(2018年11月24日、現在)

  • 「ヒョーイ」する時間って伸びるの!?

    「ヒョーイ」する時間は、妖怪のランクとレベルによって大きく変わってくる。E~Sのランクとレベルが高いほどに「ヒョーイ」のできる時間は大きい。Eランクの妖怪だと、レベル1は「ヒョーイ」の時間が1時間、レベル99だと12時間。Sランクの妖怪だと、レベル1は「ヒョーイ」の時間が6時間、レベル99だと72時間にもなる。(2018年11月24日、現在)

  • 「のってけ妖怪」とは?

    マップ画面または、「妖怪の木」から「サーチ」すると稀に、「ヒョーイ」することで特定の場所まで連れていってくれる「のってけ妖怪」が出現することがある。「ヒョーイ」した際の目的地は「のってけ妖怪」の「プロフィール」「よく行くところ」「階級」が低いほど出現率が高くなるので、ゲーム序盤では積極的に「ヒョーイ」したい。(2019年3月11日、現在)

  • 「フッタースペース」とは?

    メイン画面下部の、3つの項目を確認できるメニュースペース。1・他プレイヤーに「ヒョーイ」させれる妖怪と、他プレイヤーから「ヒョーイ」させられた妖怪を確認できる「ホルダー」。2・他プレイヤーに「ヒョーイ」させた妖怪の動向を確認できる「おでかけ」。3・日本全国の各地に自分で埋めた「妖怪の木」「妖怪の霊樹」の状況を確認できる「妖怪の木」。「フッタースペース」左上の項目名をタッチすることでメニューを切り替えられる。(2018年11月24日、現在)

  • 「承認待ち」と「待機中」とは?

    メイン画面下部の「フッタースペース」「おでかけ」ページにて、他プレイヤーに「ヒョーイ」した妖怪に「承認待ち」「待機中」と表示されることがある。「承認待ち」は「ヒョーイ」の承認を待っている状態。「待機中」は「ヒョーイ」を拒否されてしまった状態、確認した場合はすぐさま他プレイヤーに「ヒョーイ」しよう。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「おやすみメダル」とは?

    他プレイヤーに「ヒョーイ」した妖怪は、「ヒョーイ」の時間が終わったときにいた市区町村に「おやすみメダル」として残留。「再ヒョーイ」「旅の履歴」「呼び戻す」のコマンドを選べる状態になる。(2018年11月24日、現在)

  • 「連れ帰り妖怪」とは?

    妖怪を他プレイヤーに「ヒョーイ」させて「呼び戻す」を行ったときに、くっついてきた妖怪を「連れ帰り妖怪」と呼ぶ。バトルをして勝利すると、ともだちになることも可能。(2018年11月24日、現在)

  • 「イイネ」とは?

    「ヒョーイ」した相手に感謝の気持ちを伝える機能。メイン画面の「おでかけ」から「ヒョーイ」している自妖怪を「呼び戻す」したときの「スペシャルサンクス」と、「旅の履歴」から「ヒョーイ」先の「プレイヤーアイコン」をタッチして「イイネ」を押すことで実行可能。(2018年11月24日、現在)

     

  • プレイヤーアイコン右上の「Ⅿ」とは?

    マップ画面で他プレイヤーの「プレイヤーアイコン」の右上に表示されることがある「Ⅿ」のマークは「ヒョーイ」される上限(MAX)に到達していることを意味する。したがって、このマークが表示されているプレイヤーには「ヒョーイ」はできないので覚えておこう。₍2018年11月24日、現在)

  • プレイヤーアイコン右下の「♡」とは?

    マップ画面で他プレイヤーの「プレイヤーアイコン」の右下に表示されることがある「♡」は「ヒョーイ」歓迎のサイン。「ヒョーイ」したいプレイヤーの承認を待つこと無く、そのまま「ヒョーイ」が成立する。「妖怪パッド」「その他」「設定」→「ヒョーイの自動承認を許可する」で設定可能。この機能はアンドロイド専用。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「たべもの」とは?

    妖怪に食べさせることで効果を発揮するアイテム。「バトル」中は、相手妖怪に与えることでともだちになりすくなり、自妖怪に与えることでHPや「妖気ゲージ」を回復できる。また、「妖怪の木」「おそなえ」することでその「たべもの」が「こうぶつ」の妖怪が寄ってきやすくなる。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖怪ホルダ-」とは?

    メイン画面下部にある「妖怪メダル」が控えている場所。他プレイヤーに自身の妖怪を「ヒョーイ」させたり、他プレイヤーから「ヒョーイ」されている妖怪と「おでかけバトル」が行える。「妖怪パッド」「妖怪メダル」からメンバーチェンジが可能。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖怪メダル」とは?

    「妖怪パッド」から確認可。機能は3つ。1・「ヒョーイ」させるための妖怪たちをメイン画面に控えさせる「妖怪ホルダー」。下部にある「妖怪メダルボックス」からメンバーチェンジができる。2・バトル時の配置を決めることができる「バトルメンバー」。チームを3つ設定可能。3・「親友」のバトルに助太刀させる妖怪を設定できる「おたすけ妖怪」。また、妖怪の姿を写した丸いメダル自身も「妖怪メダル」と呼ぶ。(2018年11月24日、現在)

  • 「のりかえ」とは?

    「ヒョーイ」した他プレイヤーの現在地付近から、また別のプレイヤーへと「ヒョーイ」し直すこと。「承認」が降りないときや、「ヒョーイ」先のプレイヤーがなかなか移動してくれないときは「のりかえ」で移動距離を稼ぐのがオススメ。(2018年11月24日、現在)

  • 「うんがいゲージ」を全回復する3つの方法!

    「うんがいゲージ」を全回復する方法が3つある。

    .「1000ヨーカ」「妖怪の木」を購入

    2.「妖怪玉」1つで「妖怪の霊樹」を購入

    3.「うんがいゲージ」が0の時に「妖怪玉」を1つ消費することで全回復できる(2018年11月24日、現在)

     

  • 「とくぎ」とは?

    妖怪のもつ特別な能力のこと。「とくぎ」には種類がいくつかあり、その効果を発揮する場面は「バトル」「おでかけバトル」「ヒョーイ」「妖怪大戦」など様々。メニューの「妖怪メダル」から「妖怪ホルダー」、または「バトルメンバー」で妖怪をタッチすると「とくぎ」の有無と、効果が確認できる。(2018年11月24日、現在)

  • 「おでかけバトル」とは?

    他のプレイヤーから「ヒョーイ」された妖怪とバトルすること。「ヒョーイ」された妖怪はメイン画面下の「妖怪ホルダー」「妖怪メダル」が追加される、そのメダルをドラッグすると画右下に出現する「バトル」の枠に「妖怪メダル」を移動すれば「おでかけバトル」がはじまる。友達になることも可能なため、気になる妖怪に「ヒョーイ」されたらすかさず挑もう。なお、何回かバトルを終えると「妖怪ホルダー」からはいなくなる。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「YDチップ」とは?

    「妖怪玉ショップ」にて「¥240」で購入でき、その効果は4つ。1・妖怪のサーチをスキップしてバトルにいける。2・「ヒョーイ」し終えたときに獲得できる「おでかけヨーカ」の量がアップ。3・バトル終了時に妖怪が友達になる確率がアップ。4・バトル終了時の獲得経験値がアップ。といった効果が「30日分」付与される。『妖怪ウォッチワールド』の楽しさが増すアイテムなので、購入してみてもいいだろう。(2018年11月24日、現在)

  • 「うんがいゲージ」とは?

    「妖怪の木」を使って他プレイヤーに「ヒョーイ」する際の必須要素。メイン画面右上の鏡をモチーフにした「うんがい鏡」に溜まるゲージのことで、最大で5回分まで溜めることができる。自プレイヤーの妖怪を他プレイヤーに「ヒョーイ」させたり乗り換えさせることで溜まっていくほか、「妖怪玉」を1消費して最大値(5回分)まで回復することも可能。「妖怪の木」を使って他プレイヤーに「ヒョーイ」すると、1回分を消費する。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「妖怪の木」とは?

    植えた場所の周辺の妖怪を引き寄せるほか、木の周辺にいる他プレイヤーに自プレイヤーの妖怪を「ヒョーイ」させることができるアイテム。自身が移動した場所はもちろん、仲間妖怪の旅先でも植えることができる。全国各地の妖怪を収集していくために、必要不可欠な逸品だ。(2018年11月24日、現在)

  • 「ヒョーイ」とは?

    自身(自プレイヤー)の妖怪を、他プレイヤーに乗り移らせること。憑依。「ヒョーイ」した妖怪は、他プレイヤーと共に移動し、一定時間が経過すると、「ヨーカ」「ひとだま」「おみやげ」を入手して自プレイヤーの元に帰ってくる。また、妖怪を連れて帰る「おでかけ」先に「妖怪の木」を植えることができる「称号」を獲得できる、などのメリットがある。(2018年11月24日、現在)

  • メイン画面

  • 「ランクアップマッチ」とは?

    「妖怪バトルリーグ」で規定の「連勝」を達成し、リーグ昇格が望める試合のこと。「ランクアップマッチ」に勝利することで晴れて次のリーグへと昇格することができる。(2019年4月22日)

  • 「ノーカンチケット」とは?

    「妖怪バトルリーグ」にて使えるアイテム。バトル中下部に存在する「ノーカンチケット」をタップし、「妖怪玉」を1つ消費することで使用できる。使用することで負け試合を無効化できるため、「連勝」が大事な「妖怪バトルリーグ」では使いどころが大事。(2019年4月22日)

  • 「Yプロテイン」とは?

    「妖怪バトルリーグ」のバトル突入前に使用可能なアイテム。使用することで自バトルメンバーのステータスが全体的にUPする。(2019年4月22日)

  • 「妖怪バトルリーグ」とは?

    2019年4月22日より実装された「プレイヤー対プレイヤー」の新機能。リーグごとの規定の「連勝」数を達成することでランクアップしていく。ランクアップすることで「妖怪玉」「Sランク確定ガシャコイン」などの魅力的な報酬をGET。リーグの内容によっては、参加できる妖怪の「ランク」「種族」に条件がついている場合もある。(2019年4月22日)

     

  • 「降臨ボス」とは?

    イベントである「妖怪降臨」にて出現した強力な妖怪のこと。「サーチ」時に「降臨ボス」の大きい顔のアイコンが目印。枠の色が「緑」「オレンジ」「紫」の3種類があり、順に「低級」「中級」「上級」になっている。(2019年3月11日、現在)

  • 「未踏地区」とは?

    まだ自身も、「ヒョーイ」中の妖怪も訪れたことのない地域のこと。「未踏地区」に足を踏み入れていた場合、「新しい地区踏破」と表示される。(2019年3月11日、現在)

  • 「更新」とは?

    「フッタースペース」「妖怪の木」にて、埋めてある「妖怪の木」に「!」が出現したときに「更新」をタップすることで妖怪が寄り付いてきたかを確認できる。(2019年3月11日、現在)

  • 「称号マップ」とは?

    「妖怪パッド」「妖怪マップ」→「称号マップ」の順で確認可能。「称号」の獲得数やクリアした条件、獲得したことのある地域を確認できる機能。「称号」の着脱も可能。(2019年3月11日、現在)

  • 「おでかけマップ」とは?

    「妖怪パッド」「妖怪マップ」→「おでかけマップ」から確認可能。自妖怪の「ヒョーイ」中の経路と現在地が一覧で見ることができる機能。(2019年3月11日、現在)

  • 「イベントクエスト」とは?

    開催中のイベントにそった内容の「クエスト」のこと。イベント限定の妖怪、「コイン」、に加え、「けいけんちだま」を大量に獲得できるチャンスとなっていることが多いため、イベントごとにしっかりチェックしたい。(2019年3月11日、現在)

  • 「突撃」とは?

    「妖怪大戦」で出現したボスにともだちの妖怪を消費してダメージを与える行為のこと。「突撃」させた妖怪は「そうび」もいっしょに消えてしまうため注意が必要。(2019年3月11日、現在)

  • 「妖怪メダルボックス」とは?

    「妖怪パッド」「妖怪メダル」から確認可能。ともだちになった妖怪が一覧になって見れる機能。「種族」「ランク」「レベル」「入手」「名前」の「昇順」「降順」に並び替えることもできる。(2019年3月11日、現在)

  • 「ヒョーイ履歴」とは?

    「ウィスパーインフォボタン」をタップ→表示される「ヒョーイした妖怪を見ます」をタップすることで閲覧可能。「ヒョーイ」関連の出来事を、最新の日時順に細かく記してくれている履歴のこと。「ヒョーイ」した妖怪やされた妖怪の出入り、「おやすみメダル」になった妖怪の日時と場所、「呼び戻す」をした妖怪、「おでかけバトル」でいなくなった妖怪を確認できる。(2019年3月11日、現在)

  • 「サーチ」で出現する3種類の妖怪アイコンの意味とは!

    「サーチ」でマップに出現する妖怪のアイコンは基本的に3種類。アイコン別の意味は画像の通り。これとは別に、イベントごとに異なるデザインで「さまよい妖怪」のアイコンが出現することもある。(2019年3月11日、現在)

  • 「樹力」とは?

    「妖怪の木」の高ランクの妖怪を引き付けるための値、「樹力」。時間が経つにつれて「樹力」が下がっていき、高ランクの妖怪が寄り付きにくくなる。「樹力」を回復するためには「妖怪の木」を植えなおす必要がある。(2019年2月22日、現在)

  • 「さまよい妖怪」とは?

    マップ画面の上部にある地域名をタッチすることで、確認できる妖怪の種類。「さまよい妖怪」は、イベントにそって変わる類の妖怪のこと、出現の仕方はイベントによってことなる。(2019年2月22日、現在)

  • 「レベルボーナス」と「移動距離ボーナス」とは?

    「おでかけバトル」勝利時に、ともだちになれる確率が上がるボーナスのこと。「ヒョーイ」されてる妖怪のレベルが高ければ高いほどともだちになりやすい「レベルボーナス」。「ヒョーイ」後の移動距離が長ければ長いほどともだちになりやすい「移動距離ボーナス」の2種類が用意されている。(2019年2月22日、現在)

  • 「すみか」とは?

    妖怪の出現する市区町村のこと。遭遇したことのある妖怪は「すみかマップ」から確認できる。(2019年2月22日、現在)

  • 「そうび合成」とは?

    「そうび」同士を「合成」させて能力値を強化することができる機能。同じ「そうび」「合成」することでレベル上限がアップする。「妖怪パッド」「合成」→「そうび合成」で実行可能。(2019年2月22日、現在)

  • 「ヨーカ変換」とは?

    「ヒョーイ」先から「呼び戻す」を選択した際に、移動距離に応じて「ヨーカ」に変換してくれるシステムのこと。(2019年2月22日、現在)

  • マップにあらわれる店のアイコンはなに?

    「コラボイベント」の内容によっては、マップ上に特定のお店のアイコンが表示されることがある。近づいてアイコンをタップすることでコラボ限定の「コイン」だ手に入ることが多い。いままでは「NTT ドコモ」「ファミリーマート」などとコラボしている。(2019年2月22日、現在)

  • 「チョーシ堂」とは?

    「妖怪ウォッチ」のランクを上げるための「クエスト」。最終ランクのSランク到達までに、E~Aランクに分けた5段階分の「クエスト」が用意されている。(2019年2月22日、現在)

     

     

  • 「妖怪ウォッチ」とは?(アイテム)

    マップ画面右下に位置する時計の形をしたアイテムのこと。『妖怪ウォッチワールド』内では、タップすることで現在地周辺を「サーチ」することができる。「妖怪ウォッチ」にはランクがあり、「チョーシ堂」「クエスト」をクリアすることでランクアップする。(2019年2月22日、現在)

  • 「サーチ」とは?

    現在地周辺の「他プレイヤー」「妖怪」「キラキラ」「降臨ボス」「のってけ妖怪」を発見するために探索すること。マップ画面にある画面右下の「妖怪ウォッチ」をタップすることで、実行可能。その際には「GPS信号」が必要になる。(2019年2月22日、現在)

  • 「おしらせ」とは?

    「妖怪パッド」メニュー中央上部にある機能のこと。「アップデート」「コラボ」「イベント」「その他」の項目に分けて『妖怪ウォッチワールド』内の更新情報を教えてくれる。(2019年2月22日、現在)

     

  • 「ともだち検索」とは?

    実際の友達と『妖怪ウォッチワールド』内で「ともだち」になれる機能。そのためには「ともだち」の「プレイヤーID」が必要になる。「妖怪パッド」「ともだち」→「ともだち検索」の順で利用可能。(2019年1月5日、現在)

  • 「おわかれ」とは?

    ともだちの妖怪を消費して「ヨーカ」が手に入る機能。「妖怪パッド」「妖怪メダル」→「おわかれ」をしたい「妖怪メダル」をタッチ→「おわかれ」で実行可能。(2019年1月5日、現在)

  • 「メダル詳細」とは?

    所持している「妖怪メダル」「基本能力」「こうげき」「ひっさつわざ」「ようじゅつ」「とりつく」「とくぎ」が閲覧できるページ。「妖怪パッド」「妖怪メダル」→詳細を見たい「妖怪メダル」をタッチ→「詳細」の手順で確認できる。(2019年1月5日、現在)

  • 「設定」とは?

    『妖怪ウォッチワールド』内の細かい「設定」ができる機能。「妖怪パッド」→「その他」→「設定」から、「ゲーム音」「マップ品質」「バックグランド実行の許可」「プライベートモード」「ARモード」「カモフラージュモード」の変更が可能。(2019年1月5日、現在)

  • 「おみやげ」とは?

    「おでかけ」先で妖怪がたまに持ち帰ってくる収集用のアイテムのこと。その地域にそったアイテムが用意されていて、獲得状況は「おみやげマップ」から確認できる。(2019年1月5日、現在)

  • 「ショップ」とは?

    「妖怪パッド」から確認可能。一部の「たべもの」「どうぐ」「そうび」「コイン」を「ヨーカ」で購入でき、「そのた」では「妖怪玉」を消費して「妖怪ホルダー」「妖怪メダルボックス」の拡張ができる。(2019年1月5日、現在)

  • 「後衛」はいつ設定できるようになるの?

    「後衛」「階級」が「ミジンコ6級」で1体目、「ウサギ10級」で2体目を配置できるようになる。(2019年1月5日、現在)

  • 「妖怪ホルダー」とは?

    「ヒョーイ」させるために「フッタースペース」に控えさせている妖怪を管理する場所。「妖怪パッド」「妖怪メダル」→「ホルダー」から管理可能。(2019年1月5日、現在)

  • 「プレイヤーアイコン」とは?

    プレイヤーの顔の代わりとなるアイコンのこと。「妖怪パッド」「プロフィール」から変更可能。(2019年1月5日、現在)

     

  • 「合成強化」とは?

    妖怪同士をかけあわせて強化することができる機能。「強化する妖怪」を選び、「素材にする妖怪」を選択して消費することで、「強化する妖怪」の「わざレベル」をあげたり「けいけんち」を増やすことができる。(2019年1月5日、現在)

  • 「親友」とは?

    「親友」は、メイン画面の「サーチ」時のプレイヤーの「プロフィール」画面の「ともだち」メニューまたは「ともだち検索」から申請を出し、承認されることでなれる。「親友」が設定した「おたすけ妖怪」「後衛」に参戦するメリットがある。(2019年1月5日、現在)

  • 妖怪の紹介文や「こうぶつ」を確認しよう!

    「妖怪大辞典」では遭遇した妖怪の詳細を確認することができる。確認できる内容は「こうぶつ」「こうげき」「ひっさつわざ」「ようじゅつ」「とりつく」に加え、ともだちになったことのある妖怪ならば「しょうかい」も追加される。(2019年1月5日、現在)

  • 「NG管理」とは?

    「妖怪パッド」「ともだち」→「ともだち一覧」の左下から利用可能。既存の「ともだち」「NG登録」や、「NG登録」をしたプレイヤーの解除や一覧が確認できる。(2019年1月5日、現在)

  • 「NG登録」とは?

    登録した側もされた側も、お互いにゲーム内にプレイヤーを表示させないようにする機能。「ともだち」申請画面、または「妖怪パッド」「ともだち」→「ともだち一覧」の「NG管理」から登録可能。また、一度登録すると7日間は解除ができない。(2019年1月5日、現在)

  • 「名前」は変更できる?

    プレイヤーの名前の変更は「妖怪パッド」「プロフィール」→「名前」の「変更」からいつでも変えることができる。(2019年1月5日、現在)

  • 海外でも遊べるの?

    『妖怪ウォッチワールド』は、「日本国内」でのみ遊ぶことができる。(2019年1月5日、現在)

  • 「階級」があといくつで上がるか知りたい!

    「階級」が上がるまで「ひとだま」があといくつ必要かは、「妖怪パッド」「プロフィール」の下部にある「次の階級まで」で確認できる。(2019年1月5日、現在)

  • 「ひとだま」とは?

    メイン画面右上に位置している霊魂のようなマークの横の数字こそが「ひとだま」の数。この「ひとだま」を増やすことで「階級」が上がっていく。増やすには「バトル」で勝利するか「ヒョーイ」をして報酬として手に入れる、の2パターンがある。(2019年1月5日、現在)

  • 「ガシャ」の確定演出

    「妖怪玉」「コイン」を消費して妖怪とともだちになる「ガシャ」は、妖怪登場前にランクがわかる演出がある。登場前に出てきた玉の色が「変化なし→赤→金→虹色」の順に「Cランク以下→Bランク→Aランク→Sランク」の演出。(2019年1月5日、現在)

  • 「バックグラウンド実行」とは?

    「妖怪パッド」「設定」から変更可能。ONにしておくことで、アプリを起動していないときにも、しっかりと移動距離を計測し続けてくれる。(2019年1月5日、現在)

  • 「キャッチ」とは?

    「妖怪の木」に寄り付いてきたその地方の妖怪と接触すること。「キャッチ」することでバトル準備画面に移行。「キャッチ」しないままに時間が経つといなくなってしまったり、他の妖怪に入れ替わってしまうため、時間が無いときは一度「百鬼夜待」に待機させておきたい。(2019年1月5日、現在)

  • 「ショップ」は日替わりで複数のラインナップ!

    「ショップ」「たべもの」の販売パターンは複数ある。ラインナップをしっかりチェックして欲しいものを見つけたときは必ず購入したい。(2019年1月5日、現在)

  • 「シリアルコード」とは?

    ゲーム雑誌などに得点でついてくる、特定の妖怪からの「挑戦状」を受け取るための番号列のこと。手順としては、「シリアルコード」入力サイトにアクセス→「プレイヤーID」→と「シリアルコード」を入力→「ゆうびん」「挑戦状」が届く→バトルで勝利→ともだちになる。なお、現状「シリアルコード」に対応しているのはアンドロイド端末のみの模様。(2019年1月5日、現在)

  • 『妖怪ウォッチワールド』と『ポケモンGO』の違い

    何かと比較されやすい『妖怪ウォッチワールド』と『ポケモンGO』の大きな違いは、自身が現地に向かわなくとも他プレイヤーとのやりとりで収集ができやすいという点である。「ヒョーイ」という機能が存在し、自身の妖怪を他プレイヤーにくっつけることで妖怪自身が代わりに移動をしてくれる。移動先に「妖怪の木」を埋めることで収集の幅も広がり、他プレイヤーから「ヒョーイ」してきた妖怪とともだちになることができることが今作の最大の魅力。(2019年1月5日、現在)

  • 「ログインボーナス」とは?

    『妖怪ウォッチワールド』はアプリを起動させるだけで、1日に一度だけ報酬を手に入れることができる「ログインボーナス」が用意されている。報酬の種類は「妖怪玉」「けいけんちだま」「秘伝書」など、ゲームを有利に進められるものばかり。毎日、AM4時に「ログインボーナス」の取得状況がリセットされる。(2019年1月5日、現在)

  • 「サーチ」で居場所はバレない!?

    マップ画面で「サーチ」をした際に、近隣の『妖怪ウォッチワールド』をプレイしているプレイヤーが表示される。そのプレイヤーの数や表示位置はランダム。詳細な滞在位置までは他プレイヤーにはわからないようになっている。(2019年1月5日、現在)

  • 「妖怪メダルボックス」が溢れそうなときの対処法

    ともだちが増えて「妖怪メダルボックス」が溢れてしまいそうなときは「ショップ」「妖怪玉」を1つ消費して枠の上限を増やすか、「合成強化」で使用しない妖怪たちを掛け合わせて消費しよう。(2019年1月5日、現在)

  • 「妖怪大戦」で「そうび」が無くなる?

    「妖怪大戦」「突撃」した妖怪は「そうび」ごと消失していまう。突撃画面では確認できないため、しっかりと妖怪の状況を確認してから突撃させたい。(2019年1月5日、現在)

  • 「データ引継ぎ」はどうやるの?

    「妖怪パッド」「その他」→「データ引き継ぎ」→「引き継ぎコードを発行」→「プレイヤーID」と引き継ぎコードを控える→引き継ぎ先のケータイでアプリ起動時の画面左下にある「データ引継ぎ」→「プレイヤーID」と引き継ぎコードを入力して完了。なお、位置情報を有効にした状態にする必要あり。引き継ぎコードの発行とデータの引き継ぎ作業は、同じ市区町村内で行う必要があるので注意。(2019年1月5日、現在)

  • 「アーク連動」とは?

    「妖怪パッド」「その他」→「アーク連動」の順で選択可。「アーク」とは、『妖怪ウォッチシャドウサイド』に登場していた鍵型のおもちゃのことで、スマートフォンと「アーク」を近づけ連動させることで「けいけんちだま」が入手できる。なお、NFCセンサーが搭載されたスマートフォンでのみ連動が可能。(2018年12月10日、現在)

  • 「その他」とは?

    「妖怪パッド」から確認可。「あそびかた」「よくある質問」「設定」「妖怪大戦ランキング」「データ引継ぎ」「アーク連動」「利用規約」「Googleマップ追加利用規約」「プライバシー・ポリシー」「資金決算法に基づく表示」「特定商取引法に基づく表示」「妖怪玉購入情報」「お問い合わせ」「クレジットコピーライト」の14項目が用意されている。(2018年12月10日、現在)

  • 「漢方」とは?

    「気絶」した妖怪を復活させる手段のひとつが「漢方」。「まず~い漢方」「にが~い漢方」「ふか~い漢方」の3種類あり、効果は順に「少ないHPで復活」「HPはんぶんで復活」「HPまんたんで復活」となっている。(2018年12月10日、現在)

  • 妖怪詳細ページの「鍵」マークとは?

    妖怪の「メダル詳細」の「鍵」マークは「お気に入り」設定の役割がある。タッチして「鍵」マークを締めることで設定完了。「おわかれ」「合成強化」などで妖怪を消費する際に「お気に入り設定されている妖怪が選ばれています よろしいですか?」の確認が入るようになる。(2018年12月10日、現在)

     

     

     

     

  • 「すみかマップ」とは?

    「妖怪パッド」「妖怪マップ」→「すみかマップ」から出会ったことのある妖怪は「すみか」を確認できる。右上のソート欄をタッチすることでランク別に確認可能。(2018年12月10日、現在)

  • 「ピックアップガシャ」とは?

    期間限定で特定の妖怪の出現率がアップして登場する「ガシャ」のこと。その期間の「ピックアップガシャ」にのみ登場する妖怪も多く、季節やイベントにそった格好をした妖怪がよく登場する。各「ピックアップガシャ」ごとに開催期間がことなるため、目当ての妖怪が登場した際に気をつけたい。(2018年11月24日、現在)

  • 「のってけ妖怪」とは?

    マップ画面または、「妖怪の木」から「サーチ」すると稀に、「ヒョーイ」することで特定の場所まで連れていってくれる「のってけ妖怪」が出現することがある。「ヒョーイ」した際の目的地は「のってけ妖怪」の「プロフィール」「よく行くところ」「階級」が低いほど出現率が高くなるので、ゲーム序盤では積極的に「ヒョーイ」したい。(2019年3月11日、現在)

  • 「階級」はいくつまであるの!?

    「ひとだま」を集めることで上がっていく「階級」。各生物名+10級~10段で表示されているが、生物名の順番は「ミジンコ」→「アリ」→「ウサギ」→「フクロウ」→「ネコ」→「アルパカ」までが確認されている。(2018年11月24日、現在)

  • 「じもと妖怪」とは?

    マップ画面の上部にある地域名をタッチすることで、確認できる妖怪の種類。「じもと妖怪」はその地域に居ついてる妖怪のこと、各都道府県の市区町村で限定の妖怪もいるため細かくチェックしたい。(2018年11月24日、現在)

  • 「フッタースペース」とは?

    メイン画面下部の、3つの項目を確認できるメニュースペース。1・他プレイヤーに「ヒョーイ」させれる妖怪と、他プレイヤーから「ヒョーイ」させられた妖怪を確認できる「ホルダー」。2・他プレイヤーに「ヒョーイ」させた妖怪の動向を確認できる「おでかけ」。3・日本全国の各地に自分で埋めた「妖怪の木」「妖怪の霊樹」の状況を確認できる「妖怪の木」。「フッタースペース」左上の項目名をタッチすることでメニューを切り替えられる。(2018年11月24日、現在)

  • 「プレイヤーID」とは?

    「妖怪パッド」の「ともだち」から「ともだち検索」を行う際に必要な文字列のこと。「プレイヤーID」は「妖怪パッド」「プロフィール」画面上部で確認とコピーができる。(2018年11月24日、現在)

  • 「イイネ」とは?

    「ヒョーイ」した相手に感謝の気持ちを伝える機能。メイン画面の「おでかけ」から「ヒョーイ」している自妖怪を「呼び戻す」したときの「スペシャルサンクス」と、「旅の履歴」から「ヒョーイ」先の「プレイヤーアイコン」をタッチして「イイネ」を押すことで実行可能。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「ウィスパーインフォボタン」とは?

    マップ画面左上に位置する妖怪「ウィスパー」が「イイネ」の履歴、「ヒョーイ」による妖怪の出入りの「ヒョーイ履歴」、イベントの開催などの「おしらせ」を行ってくれる機能。(2018年11月24日、現在)

  • マップ画面の「キラキラ」とは?

    マップ画面で「サーチ」を行った際に、他プレイヤーや妖怪以外に点滅する「キラキラ」が現れることがある。「たべもの」「けいけんちだま」を手に入れることができるため、積極的に収集しよう。(2018年11月24日、現在)

  • 地域ごとの「おみやげ」「妖怪」などの詳細が知りたい!

    マップ画面の上部にある地域名をタッチすることで、その地域の「おみやげ」「妖怪」の詳細や収集具合などを確認することができる。未収集の「おみやげ」と未遭遇の妖怪は空欄。遭遇はしたが友達になっていない妖怪はひとだまのマークで表示され、タッチすることでどんな妖怪か確認できる。訪れていない場所は「未踏地区」として、地域名の左横に「未」と表示される。(2018年11月24日、現在)

  • 「称号」とは?

    主に「○○市を訪れる」などの条件を満たすことで獲得できる収集アイテムの1つ。自らその地域を訪れなくとも「ヒョーイ」した先のプレイヤーが訪れてくれれば条件は達成。「妖怪パッド」「妖怪マップ」「称号マップ」から獲得済みの「称号」を設定可能。「プロフィール」「プレイヤーアイコン」の横に表示される。(2018年11月24日、現在)

  • 「アイコン」ってどうやって増やすの?

    「クエスト」「妖怪大戦」で「ボス妖怪に妖怪を○○突撃させる」の報酬として「アイコン」が手に入る。(2018年11月24日、現在)

  • 「カモフラージュモード」とは?

    「妖怪パッド」「その他」「設定」から設定可能。ゲーム内で実際に使用している名前と「プレイヤーアイコン」を他プレイヤーに隠して、別の名前と「プレイヤーアイコン」にカモフラージュできることに加え、「おたすけ妖怪」「好きな妖怪」「ひとこと」が見えなくなる。「よく行くところ」「昨日の移動距離」「称号」「最終ログイン時間」「呼ばれ方」はそのまま表示される。(2018年11月24日、現在)

  • 「プロフィール」とは?

    「妖怪パッド」からプレイヤー情報の閲覧と設定ができる機能。「称号」「プレイヤーアイコン」「名前」「呼ばれ方」「ひとこと」「道しるべ妖怪」「好きな妖怪(3体)」の設定と、「イイネ」の数や「よく行くところ」「ゲームをはじめた日」「あそんだ日にち」「妖怪大辞典(何種類友達になったか)」「プレイヤーID」「次の階級までの必要なひとだまの数」が閲覧可能。(2018年11月24日、現在)

  • 「道しるべ妖怪」とは?

    「妖怪パッド」「プロフィール」から「道しるべ妖怪」を設定することでマップ画面に選んだ妖怪が表示されるようにできる。選択できるのは友達になったことがある妖怪のみ。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖怪ホルダ-」とは?

    メイン画面下部にある「妖怪メダル」が控えている場所。他プレイヤーに自身の妖怪を「ヒョーイ」させたり、他プレイヤーから「ヒョーイ」されている妖怪と「おでかけバトル」が行える。「妖怪パッド」「妖怪メダル」からメンバーチェンジが可能。(2018年11月24日、現在)

  • 「ゆうびん」とは?

    「妖怪パッド」の左上部に位置する、「アイテム」「妖怪メダル」「ヨーカ」を保管しておく機能。機能は3つ。1・「ログインボーナス」「おでかけヨーカ」などを90日間保管してくれる「おたより」。2・「ゆうびん」から受け取った「アイテム」などの確認ができる「りれき」。3・「妖怪メダルボックス」が上限を迎えたときに保管場所となる「倉庫」。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖怪メダルボックス」の数が足りない!

    手持ちの「妖怪メダル」たちを保管しておける「妖怪メダルボックス」は、「ショップ」の「そのた」から「妖怪玉」を1つ消費するごとに拡張が可能。拡張上限有。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖怪玉ショップ」とは?

    「妖怪パッド」から確認可。ゲーム中に使用する「妖怪玉」「YDチップ」の購入ができる。年齢による購入制限の説明と年齢確認が購入画面手前で行われるため、19才未満のプレイヤーは保護者の方にしっかり確認をとろう。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖怪メダル」とは?

    「妖怪パッド」から確認可。機能は3つ。1・「ヒョーイ」させるための妖怪たちをメイン画面に控えさせる「妖怪ホルダー」。下部にある「妖怪メダルボックス」からメンバーチェンジができる。2・バトル時の配置を決めることができる「バトルメンバー」。チームを3つ設定可能。3・「親友」のバトルに助太刀させる妖怪を設定できる「おたすけ妖怪」。また、妖怪の姿を写した丸いメダル自身も「妖怪メダル」と呼ぶ。(2018年11月24日、現在)

  • 「コイン」とは?

    「妖怪パッド」から確認できる「ガシャ」で「コインガシャ」を回すためのアイテム。「ショップ」で購入できる「1つ星コイン」と「5つ星コイン」が存在するのと、各種イベントごとに手に入る「コイン」を消費することで「ガシャ」を回すことができる。各種「コイン」ごとの「ガシャ」の中身は「ガシャなかみ」で確認できる。(2018年11月24日、現在)

  • 「ガシャ」とは?

    「妖怪パッド」から確認可。様々な妖怪と友達になれる各種「ガシャ」を回すことができる。「妖怪玉」を消費して回せる「妖怪ガシャ」と、各種「コイン」を消費して回す「コインガシャ」がある。「妖怪ガシャ」は一定期間だけ特定の妖怪が出現する「ピックアップガシャ」も行っているため、定期的に確認しよう。また、「ガシャ」の出現妖怪は「ガシャなかみ」から確認できる。(2018年11月24日、現在)

  • 「けいけんちだま」とは?

    妖怪の「けいけんち」を上げることができるアイテム。種類は「ミニけいけんちだま」「小けいけんちだま」「中けいけんちだま」「大けいけんちだま」「超けいけんちだま」「神けいけんちだま」が存在し、「けいけんち」の上がる値は記載順で「10」「50」「500」「2000」「8000」「20000」となっている。前者2つは「ショップ」で購入、後者4つは「クエスト」「妖怪大戦」の報酬で手に入る。「もちもの」から使用可能。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「金の卵」とは?

    「妖怪パッド」の「ともだち」画面にある金色の卵。6時間ごとに「さする」ことができ、7回「さする」ことでゲージが満タンになりアイテムを手に入れることができる。「ともだち」が「さする」ことで「ごりやく」をわけてもらえ、ゲージが少し進む。(2018年11月24日、現在)

  • 「とくぎ」とは?

    妖怪のもつ特別な能力のこと。「とくぎ」には種類がいくつかあり、その効果を発揮する場面は「バトル」「おでかけバトル」「ヒョーイ」「妖怪大戦」など様々。メニューの「妖怪メダル」から「妖怪ホルダー」、または「バトルメンバー」で妖怪をタッチすると「とくぎ」の有無と、効果が確認できる。(2018年11月24日、現在)

  • 「おでかけバトル」とは?

    他のプレイヤーから「ヒョーイ」された妖怪とバトルすること。「ヒョーイ」された妖怪はメイン画面下の「妖怪ホルダー」「妖怪メダル」が追加される、そのメダルをドラッグすると画右下に出現する「バトル」の枠に「妖怪メダル」を移動すれば「おでかけバトル」がはじまる。友達になることも可能なため、気になる妖怪に「ヒョーイ」されたらすかさず挑もう。なお、何回かバトルを終えると「妖怪ホルダー」からはいなくなる。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「ともだち」とは?

    他プレイヤーと繋がることができる機能、項目は3つ。1・『妖怪ウォッチワールド』をプレイしている友達を探すことができる、「ともだち検索」。2・現状のともだちの閲覧と「親友」になるための「親友申請」などができる「ともだち一覧」。3・「ともだち」の申請を受けてるものと、送っているものを確認できる「ともだち申請」。さらに、「金の卵」を「さする」ことでアイテムを手に入れることもできる。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「ヨーカ」とは?

    「ショップ」などで使用するゲーム内通貨のこと。入手方法は、1・バトルで勝利する。2・「ヒョーイ」してきた妖怪から「おでかけヨーカ」として手に入れる。3・妖怪と「おわかれ」して手に入れる。4・「クエスト」を達成する。などが、あげられる。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖怪マップ」とは?

    やり込み具合が日本地図に反映され、4っの項目ごとに確認できる。その項目は1・妖怪たちの出現場所がわかる「すみかマップ」2・自身(自プレイヤー)と「ヒョーイ」した他プレイヤーがどこまで行ったことがあるか確認できる「おでかけマップ」3・妖怪たちが「ヒョーイ」で持ち帰った各地の「おみやげ」が確認できる「おみやげマップ」4・おとずれた場所ごとに授与された「称号」が確認できる「称号マップ」がある。(2018年11月24日、現在)

  • 「もちもの」とは?

    プレイヤーの持つ「たべもの」「どうぐ」「そうび」「コイン」「だいじなもの」が確認できる場所。それぞれのアイテムは「ショップ」「ヨーカ」を使用して購入、「クエスト」をクリア、バトルで勝利するなどで手に入っていく。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「YDチップ」とは?

    「妖怪玉ショップ」にて「¥240」で購入でき、その効果は4つ。1・妖怪のサーチをスキップしてバトルにいける。2・「ヒョーイ」し終えたときに獲得できる「おでかけヨーカ」の量がアップ。3・バトル終了時に妖怪が友達になる確率がアップ。4・バトル終了時の獲得経験値がアップ。といった効果が「30日分」付与される。『妖怪ウォッチワールド』の楽しさが増すアイテムなので、購入してみてもいいだろう。(2018年11月24日、現在)

  • 「レジェンド妖怪」とは?

    各種ステータスが高かったり、強力な「とくぎ」を持っていたりと妖怪が「妖怪大辞典」に封印されており、各「レジェンド妖怪」ごとに決められた8体の妖怪を集めることで封印がとけ、友達になれる。「妖怪大辞典」の末端ページに封印を解くための妖怪がしるされており、「調べる」をタッチすることで「レジェンド妖怪」の姿も確認できる。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖怪大辞典」とは?

    「妖怪大辞典」は「妖怪パッド」から、出会ったり友達になった妖怪たちの情報が閲覧できるもの。友達になった妖怪は妖怪の紹介ページが記載されており、友達になっていなくてもバトルさえしていれば「こうぶつ」「属性」などが確認できる。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖怪大戦」とは?

    「ミジンコ2段」から「妖怪パッド」に追加。一定期間中に「ボス妖怪」が出現し、妖怪を「突撃」させることでダメージを与えていくイベント。「妖怪大戦」を始めるときに所属地区を選び「全国」「地区」「個人」の分類された項目ごとにダメージが集計され、それぞれの報酬を手に入れることができる(2018年11月24日、現在)

  • 「合成進化」とは?

    「合成」から行える進化のこと。「妖怪+妖怪」または「妖怪+どうぐ」の2パターンがある。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖怪ウォッチランク」を効率よく上げたい!

    「チョーシ堂」の「クエスト」で、特に難しいⅭ以降の「○ランクの妖怪○○と友達になる」。Ⅽランク時は「ショップ」にある「五つ星コイン」を、B~Aランク時は「妖怪玉」を使用して「ガシャ」を利用するのが近道。さらには低いランクの妖怪も高いランクの妖怪に変わる「レベルアップ進化」「合成進化」も活用しよう。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖怪ウォッチランク」とは?

    マップ画面右下の「妖怪ウォッチ」に表示されているアルファベットこそが「妖怪ウォッチランク」。ランクはE~Sの順で上がっていく。(2018年11月24日、現在)

     

     

  • 「階級」とは?

    メイン画面の左上に出てくる「ミジンコ10級」から始まるランクこそが「階級」。「階級」を上げることでプレイヤーのHPが増加したり、妖怪が友達になる可能性が上がるなど良いこと尽くし。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖怪玉」とは?

    妖怪と友達になれる「ガシャ」を引くために使用したり、妖怪が倒れてしまった際の復活のために使用したり、「妖怪ホルダー」「妖怪メダルボックス」で妖怪を管理できる数を増やすために使用したりと用途は様々。とても価値があるものなので、使い方は入念に選ぼう。(2018年11月24日、現在

  • 「クエスト」とは?

    特定の条件を満たすことで、報酬を得ることができるやりこみ要素の1つ。通常のクエストに加えて、イベントと連動する「イベントクエスト」。その日ごとに内容が変わる「デイリークエスト」。達成することで内容を変える「リピートクエスト」など、多様に用意されている。得られる報酬はゲームを優位に進められるもばかりなので、積極的に取り組んでいこう。(2018年11月24日、現在)

  • 「合成」とは?

    「階級」が「ミジンコ4級」に上がることで「妖怪パッド」に追加。「合成」には3つの項目がある。1つ目は、同じ妖怪を複数体重ねることで「こうげき」「ようじゅつ」「ひっさつわざ」のランクをあげられる「合成強化」。2つ目は、特定の妖怪同士または、特定の妖怪+どうぐで妖怪を進化させられる「合成進化」。3つ目は、「そうび」同士をくっつけることで能力をあげられる「そうび合成」。(2018年11月24日、現在)

  • 「うんがいゲージ」とは?

    「妖怪の木」を使って他プレイヤーに「ヒョーイ」する際の必須要素。メイン画面右上の鏡をモチーフにした「うんがい鏡」に溜まるゲージのことで、最大で5回分まで溜めることができる。自プレイヤーの妖怪を他プレイヤーに「ヒョーイ」させたり乗り換えさせることで溜まっていくほか、「妖怪玉」を1消費して最大値(5回分)まで回復することも可能。「妖怪の木」を使って他プレイヤーに「ヒョーイ」すると、1回分を消費する。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「妖怪の木」とは?

    植えた場所の周辺の妖怪を引き寄せるほか、木の周辺にいる他プレイヤーに自プレイヤーの妖怪を「ヒョーイ」させることができるアイテム。自身が移動した場所はもちろん、仲間妖怪の旅先でも植えることができる。全国各地の妖怪を収集していくために、必要不可欠な逸品だ。(2018年11月24日、現在)

  • 便利ワザ&時短テク

  • 時期が過ぎた「降臨ボス」はともだちになれない?

    「妖怪降臨」で現れた「降臨ボス」は期間限定出現だが、「平和」を持っていないことが多いため、期間を過ぎても「おでかけバトル」でともだちになることが可能。時期を空けて「妖怪降臨」で再登場した例もある。(2019年3月11日、現在)

  • 今月の課金額を確認!

    「妖怪玉ショップ」にて「年齢確認」をする際に「16才~19才」を選ぶことで、「2万円」までなら今月いくら『妖怪ウォッチワールド』に課金したかを確認することができる。(2019年3月11日、現在)

  • 「妖怪の木」から「ヒョーイ」を活用!

    「うんがいゲージ」を1本消費することで「妖怪の木」周辺のプレイヤーへと「ヒョーイ」することができる。行きたい場所があるなら、この機能がかなり重要。他プレイヤーの所属地域を確認して目当ての地域を目指そう。(2019年3月11日、現在)

  • 「オートバトル」を最大活用で効率化!

    『妖怪ウォッチワールド』を楽しみやすい要素としては「オートバトル」による遊びやすさがある。他の作業をこなしつつ、バトルを消化できるため「ひとだま」を増やしたいときには下記を意識して効率を上げたい。

    1.「ヒーラー」「バトルメンバー」に加える

    2.相手の妖怪よりレベルの高い妖怪で「バトル」

    3.「妖怪玉」の出現音が聞こえたらタップ

    さらに「YDチップ」を購入することで効率が良くなる(2019年3月11日、現在)

  • 「妖怪の木」は小まめに「更新」!

    「妖怪の木」は「!」マークが表示されている状態で「更新」してすぎに確かめよう。「!」マークが出現するタイミングは不定期なため、空き時間にログインして小まめに確認したい。(2019年3月11日、現在)

  • 自身の「移動距離」をチェック!

    「妖怪パッド」「プロフィール」の中央付近にある「移動」から閲覧可能。「1日前」「1週間前」「今まで」の「移動距離」を確認できる。他プレイヤーもこの「移動距離」を見て「ヒョーイ」するか決める傾向があるため、長距離移動をした次の日にも「ヒョーイ」されていないかチェックしたい。(2019年3月11日、現在)

  • 「降臨ボス」が現れないときには即移動!

    「妖怪降臨」は2時間区切りで各市区町村にランダムで出現しているため、現在地で「サーチ」しても見つからない場合はいっそのこと移動してしまおう。(2019年3月11日、現在)

  • 友人、家族に「ヒョーイ」しよう!

    友人や家族が遠出するときには『妖怪ウォッチワールド』をダウンロードしてもらって「ヒョーイ」をお願いしたい。チュートリアルを終えればすぐさま「ヒョーイ」ができるため、一緒に楽しむ仲間を増やしていこう。(2019年3月11日、現在)

  • 移動先ではすぐさまログインしよう!

    「バックグランド実行」を許可していても、移動先でしっかりと『妖怪ウォッチワールド』を起動させないことには距離が計測されない。自宅付近から移動した場合などは、長距離移動をするたびに起動させてしっかりと反映させよう。(2019年3月11日、現在)

  • 「ヒョーイ」されているか、こまめにチェック!

    「ヒョーイ」してきた妖怪の「ヒョーイ」時間は、相手プレイヤーが操作を終えたタイミングでカウントダウンが始まってしまう。ログインの時間を空けてしまうと、お目当ての妖怪が「ヒョーイ」「承認」前にいなくなってしまう可能性もあるため、こまめに状態は確認するのがオススメ。(2019年3月11日、現在)

  • 「妖怪玉」を無償で集めたい!

    「妖怪玉」を効率よく無償で集めたい場合は「ログインボーナス」「クエスト」の「デイリークエスト」「リピートクエスト」にランダムで「妖怪玉」が報酬として設定されているため、しっかりチェックしたい。(2019年3月11日、現在)

  • 「イベントコイン」に期限はあるの!?

    イベント限定でもらえる「コイン」には期限が無い。特に回す理由も無いときは「妖怪大戦」「突撃」用の妖怪で必要になるときか、「チョーシ堂のクエスト」などで必要なタイミングになるまで保存しておくのがオススメ。(2019年3月11日、現在)

  • 未獲得の「称号」も確認できるの!?

    「称号マップ」を開いて、「クリアした称号」の欄をタップし、左横に位置する赤い玉を消灯させることで未獲得の「称号」を一部確認することができる。(2019年3月11日、現在)

  • 「ヒョーイ」してきた妖怪を他プレイヤーに!?

    「ヒョーイ」「承認」したものの特に「おでかけバトル」を挑みたい妖怪では無かった場合、「妖怪ホルダー」にいる対象の妖怪をドラッグしてマップ画面に表示されている他プレイヤーに「ヒョーイ」させることができる。「うんがいゲージ」も溜まるためオススメ。(2019年3月11日、現在)

  • 「おやすみメダル」をしっかりチェック!

    『妖怪ウォッチワールド』をプレイする時間がとれないときも、ログインして「おやすみメダル」の有無はしっかりチェックしたい。「ひとだま」を手に入れる方法として「ヒョーイ」の移動距離は重要になってくるため、欠かさずチェックしたい。(2019年3月11日、現在)

  • 「ひとだま」を効率よく集めよう!

    「階級」を上げるために必要な「ひとだま」。バトルした相手妖怪のランクとレベルが高いほど獲得できる「ひとだま」の値が多くなる。苦戦せずに効率よく集めたいのであれば自「バトルメンバー」より15~20程レベルの低い妖怪とのバトルを続けるのがオススメ。(2019年3月11日、現在)

  • 「デイリークエスト」を達成しよう!

    日替わりの「クエスト」、「デイリークエスト」は毎日しっかり達成しておきたい。「ノーマルクエスト」「イベントクエスト」よりも達成難度が低く、「けいけんちだま」「コイン」「妖怪玉」など実用的な報酬が受け取れる。(2019年3月11日、現在)

  • 交通機関の使用中は「百鬼夜待」を活用!

    電車や新幹線など、市区町村を速く移動している場合は「じもと妖怪」をチェックしつつ、まだともだちになっていない妖怪を発見した場合は即座に「百鬼夜待」に待機させたい。もしそのままバトルに移行してしまうと、ともだちになる前に目当ての妖怪が出現している市区町村から離れてしまう可能性が高いので注意。(2019年3月11日、現在)

  • 「妖怪大戦」に備えよう!

    約1か月に1回のペースで行われている「妖怪大戦」。このイベントの報酬で「けいけんちだま」、レアな「そうび」、レアな「たべもの」などが手に入るため、下記の事前準備がオススメ。

    1.「妖怪メダルボックス」の増枠

    2.使わない高ランクの妖怪を「突撃」用にレベル上げ

    3.「アンドロイド・山田」の収集(2019年3月11日、現在)

  • 「妖気ゲージ」は妖怪によって溜まる速度が違う!?

    「ひっさつわざ」を使用するために必要な「妖気ゲージ」は、妖怪のランクによって溜まる速度が違う。低ランクの妖怪ほど溜まる速度が速く、Sランクの妖怪が1回「ひっさつわざ」を打つ頃には、Eランクの妖怪は複数回「ひっさつわざ」は打つことができる。また、「こうげき」「ようじゅつ」「とりつく」の行動を行うたびに「妖気ゲージ」が溜まるため「すばやさ」も影響してくる。(2019年3月11日、現在)

  • 「○○地方の妖怪○○体とともだちになる」クエストを簡単にクリア!

    「○○地方の妖怪○○体とともだちになる」を即座にクリアしたいときは、その地域に「妖怪の木」を植えれるだけ植えて「妖怪の木」によってきた妖怪を「キャッチ」して一気に数を稼ぎたい。「樹力」が落ちることで、ともだちになりやすい低ランクの妖怪のみの出現になるので、特に植えなおす必要も無い。(2019年2月22日、現在)

  • 「ヒョーイ」の時間帯を厳選!

    細かくは地域がらで変わってくるが、「ヒョーイ」する時間帯はプレイヤーたちの大まかな行動パターンに合わるのがオススメ。ねらい目としては「通勤時間のAM7時~9時」「退勤時間のPM18時~20時」「終電間際のPM23時~0時」あたりで「ヒョーイ」したい。行動頻度が落ちる深夜だと「ヒョーイ」時間を無駄に消費してしまう可能性が高まる。(2019年2月22日、現在)

  • 「さすらい玉」出現のコツ!

    出現時にタップすることで様々な効果を得ることができる「さすらい玉」は、ある程度の時間が過ぎないと出現しない。レベルの低い妖怪とのバトル時には「前衛」「ヒーラー」で固めて倒さないようにするなど、時間を引き延ばそう。(2019年2月22日、現在)

  • 「ヒョーイ」系クエストを簡単にクリア!

    「妖怪を他のプレイヤーに○○回ヒョーイする」は、「のりかえ」もカウントされる。他のプレイヤーに「ヒョーイ」したあとに「のりかえ」を繰り返すことですぐにクリアできる。(2019年2月22日、現在)

  • バトル時に2回連続で行動するときがある!?

    妖怪の行動の優先順位に影響する「すばやさ」が高ければ、2回連続で行動を起こすこともありうる。「アタッカー」「ヒーラー」「すばやさ」「そうび」で上げるのもオススメ。(2019年2月22日、現在)

  • バトル中に「もちもの」を活用しよう!

    バトル時は画面右下にある「もちもの」を積極的に使いたい。「もちもの」一覧からアイテムを使用したい妖怪にドラッグすることで使用可能。「たべもの」「漢方」を使うことができるため、「妖怪のHP回復」「妖気ゲージの回復」「気絶からの復活」を行うことができる。(2019年2月22日、現在)

  • 「承認」されやすい妖怪のレベル!?

    「ヒョーイ」する際にレベルの高すぎる妖怪を選ぶと倒しにくいので、それだけで「承認」されないことがある。レベル50~60付近が相手プレイヤー的にも倒しやすく、「レベルボーナス」でともだちになる確率も上がっているためオススメ。(2019年2月22日、現在)

  • 移動手段は「飛行機」より「新幹線」!?

    『妖怪ウォッチワールド』を最大限に楽しむための移動手段として「新幹線」がオススメ。「飛行機」はそもそも「機内モード」にしなければいけないため、遊ぶことができない。移動経路の各都道府県の各市区町村の「じもと妖怪」「サーチ」しつつ、「ヒョーイ」したいプレイヤーを吟味したい。地元を離れたあとはもちろん「ヒョーイ」される可能性も格段に上がる。(2019年2月22日、現在)

  • 「レジェンド妖怪」の解放は近場から!?

    8体の「レジェンド妖怪」を解放するための「封印妖怪」は8つの各地方の妖怪ごとに、主な「すみか」が割り当てられている。「ブシニャン」は「北海道地方」。「しゅらコマ」は「東北地方」周辺。「イケメン犬」は「関東地方」。「花さか爺」は「中部地方」周辺。「山吹鬼」は「近畿地方」周辺。「ネタバレリーナ」は「中国地方」周辺。「うんちく魔」は「四国地方」周辺。「やまタン」は「九州地方」周辺。序盤は、自身の地方に合わせて解放を楽しみたい。(2019年2月22日、現在)

  • 「階級」を上げて「妖怪玉」を手に入れよう!

    「階級」を上げるたびに「妖怪玉」を1つ手に入れることができる。さらに「階級」の「1級」から「初段」に上がるときと、「10段」から次の「生物名+10級」に上がるタイミングでは5つ手に入る。(2019年2月22日、現在)

  • バトル勝利時の「ヨーカ」が増える「とくぎ」!?

    バトル勝利時に手に入る「ヨーカ」が増加する「ぶんどる」という「とくぎ」がある。バトルに参加するだけで効果があるため、「ヨーカ」を集めたいときには「バトルメンバー」に配置したい。(2019年2月22日、現在)

  • 「合成」の結果は3パターン!

    「合成」の結果は、「成功」「大成功」「超成功」の3パターンが用意されている。「成功」以上の結果になったときは「合成」実行前の結果予測値を上回る。(2019年2月22日、現在)

  • 「おでかけ」後の「ヨーカ」が増える「とくぎ」!?

    「ヒョーイ」から「呼び戻す」を選択した際の、「ヨーカ変換」の値を増幅させる「出稼ぎ」という「とくぎ」がある。「出稼ぎ」「出稼ぎ 改」「出稼ぎ 新」の3種類あり、順番に「25%」「50%」「100%」の順に増加していく。(2019年2月22日、現在)

  • バトル経験値増加の「とくぎ」!?

    効率よく妖怪のレベルを上げたいときは、バトル時勝利時の「けいけんち」を増加させる「とくぎ」である「がんばり屋」を持っている妖怪を「バトルメンバー」に加えよう。バトルに参加するだけで効果があるため、「後衛」に配置するだけでも意味がある。(2019年2月22日、現在)

  • 「アイテム」が受け取れない!

    「たべもの」「けいけんちだま」が所持数の上限に達していると「クエスト」の報酬として受け取れず、進行に支障をきたしてしまうことがある。「もちもの」から消費したり、バトル時に使用することで上限に達してしまわないようにしたい。(2019年2月22日、現在)

  • 「おでかけバトル」でいなくなった妖怪はどこいくの?

    「おでかけバトル」で、妖怪とともだちになるか、複数回のバトルののちにランダムで「フッタースペース」からいなくなってしまう。いなくなった妖怪は物理的に近いプレイヤーに優先的に「ヒョーイ」しなおす。(2019年2月22日、現在)

  • 「妖怪降臨」の合図!?

    「妖怪降臨」のイベント期間中、現在地の市区町村に「降臨ボス」が出現している場合は、マップ画面右下の「妖怪ウォッチ」に悪魔の顔のようなマークが点滅する。(2019年2月22日、現在)

     

  • 「妖怪ウォッチランク」はどうやって上げるの?

    「妖怪ウォッチランク」を上げるには「チョーシ堂の依頼」としての「クエスト」で「○ランクの妖怪○○と友達になる」「妖怪のレベルを○○にする」「プレイヤーの階級を○○にする」を各ランクごとにクリアする必要がある。(2019年2月22日)

  • マップ画面に高ランク妖怪が出てこない!

    「妖怪ウォッチ」のランクに応じた妖怪しか「サーチ」した際に出現しないため、「チョーシ堂」「クエスト」をクリアしてランクを上げたい。(2019年2月22日、現在)

  • 「ともだち申請」はどうやるの?

    マップ画面で他プレイヤーを「サーチ」→出現した他プレイヤーをタッチ→表示されたプロフィール画面の右上にある「ともだち」メニューから「ともだち申請」をするか、「妖怪パッド」「ともだち」→「ともだち検索」で「プレイヤーID」を入力して申請する2パターンがある。(2019年1月5日、現在)

  • 「ともだち」になるメリットは?

    「ともだち」になることで得られるメリットは基本的に2つ。

    1.マップ画面で「サーチ」したときに優先的に表示される

    2.「金の卵」を「ともだち」がさすったときに「ごりやく」としてゲージが少し進む(2019年1月5日、現在)

  • 「設定」へのショートカット

    すぐに「設定」画面にむかいたいときはマップ画面左上のマークをタッチ。ショートカットができる。(2019年2月12日、現在)

  • 「ガシャ」の妖怪のパラメーターって見れるの!?

    ともだちになっていない妖怪でも「ガシャ」で出現する妖怪ならレベル99時のパラメーターが確認できる。「妖怪パッド」「ガシャ」→「詳細」または「ガシャなかみ」で確認可能。(2019年1月5日、現在)

     

  • 「妖怪の木」の抜きなおしどき!

    これ以上「妖怪の木」を植えることができないときに、抜きたい3つのタイミング。

    1.その地域のすべての「じもと妖怪」とともだちになったとき

    2.高ランク妖怪をともだちにしたいプレイヤーは「樹力」をあげるために植えなおす

    3.「おでかけ」中の妖怪が目的の地域に到達したとき(2019年1月5日、現在)

  • 「妖怪大戦」で突撃させたい妖怪選び!

    「妖怪大戦」でダメージを稼ぎたいときに特にオススメなのが、EランクまたはDランクの「レベルアップ進化」を持っている妖怪。ダメージを稼ぐための要素として「高ランク」「高レベル」が必要になってくるのだが、ランクの低い妖怪はレベルが上がりやすいので、「レベルアップ進化」をレベル50ほどまでキャンセル→「レベルアップ進化」でランクを上げる→「突撃」の順で効率を上げたい。(2019年1月5日、現在)

  • 「おやすみメダル」では「妖怪の木」は植えれない!

    「ヒョーイ」を終えて「おやすみメダル」となってしまった妖怪では、その地域に「妖怪の木」を植えることができない。「ヨーカ」を消費して「再ヒョーイ」後に植えるか、「ヒョーイ」中に位置を確認して確実に狙った場所に埋めたい。(2019年1月5日、現在)

  • 「YDチップ」で各報酬が2倍に!?

    「YDチップ」の効果は「ともだち」になる確率がアップする他には具体的に、「おでかけヨーカ」が約1,5倍。「けいけんち」と「ひとだま」の獲得数が2倍になる。獲得「けいけんち」が格段に増加する「ボー坊」と遭遇した際などに、恩恵も大きくなるのでオススメ。(2019年1月5日、現在)

  • GPS信号が無くても「ヒョーイ」はできる!?

    電車の移動中など、電波の調子が悪いときに「GPS信号が見つかりません」と表示され、自身の周辺を探索(サーチ)できなくなるときがある。しかし、「妖怪の木」で「サーチ」することは可能なため、「妖怪の木」から他プレイヤーに「ヒョーイ」することができる。(2019年1月5日、現在)

     

  • 「チョコボー」はショップにあったら買いだめるべし!

    「ショップ」は日によって品ぞろえが変わってくる。『妖怪ウォッチワールド』では「ジバニャン」系の妖怪が「解放妖怪」「イベント限定妖怪」として多く出現するため、「こうぶつ」の「チョコボー」を「ショップ」で見つけた場合は購入しておきたい。(2019年1月5日、現在)

  • 「おでかけバトル」を挑むのは移動しきってから!

    「ヒョーイ」されてからの移動距離が多ければ多いほど「ともだち確率」が上昇する。さらに、「おでかけバトル」後に周囲のプレイヤーにパスされる確率も下がり、「おでかけバトル」を挑み続けやすい。(2019年1月5日、現在)

  • 「ボロネーゼ」「チキンカレー」が最強コスパ!

    「ショップ」で売っている「たべもの」の中でも「ボロネーゼ」「チキンカレー」は大量に買っておきたい。自妖怪に食べさせることでの回復量が非常に高いうえに、格安の「700ヨーカ」で購入できる。(2019年1月5日、現在)

     

  • 電池の消費を抑えたいときにしたいこと!

    『妖怪ウォッチワールド』は「バックグラウンド実行」を許可していると、ゲームプレイ以外の時間でも非常に電池を消費してしまう。気になるときは「妖怪パッド」「その他」「設定」から「バックグランド実行」をOFFにしよう。(2019年1月5日、現在)

  • 「ARモード」とは?

    妖怪を「サーチ」した際の画面で、画面をスワイプするだけで妖怪を探せるようになる機能。カメラ機能を使用して周囲にスマートフォンを傾けながら探すのが大変だと感じたら「ARモード」がオススメ。「妖怪パッド」「設定」から「ARモード」の設定が可能。(2019年1月5日、現在)

  • アプリが落ちやすいときは「キャッシュ消去」

    『妖怪ウォッチワールド』の読み込み速度が遅くなったり、アプリが落ちてしまうときはデータの容量が大きくなっている可能性が高いため、アプリ起動時の画面右下にある「キャッシュ消去」を試してみよう。(2019年1月5日、現在)

  • 「妖怪大戦」で大ダメージを与える3つのコツ!

    「妖怪大戦」でダメージを与えやすくするコツは3つ。

    1.ボス妖怪の苦手種族を突撃させる

    2.ランクやレベルの高い妖怪を「突撃」させる

    3.ボス妖怪の出現地域でともだちになった妖怪を「突撃」させるとダメージが3倍(2019年1月5日、現在)

  • 「気絶」した妖怪を復活させる方法は3つ!

    「ミジンコ初段」以降、バトル時に体力が無くなり「気絶」してしまうと復活させなければいけなくなる。復活させる方法は3つ。

    1.8時間待つ

    2.「漢方」を使用する

    3.「妖怪玉」を1つ消費する(2018年12月10日、現在)

  • 「ともだち」になりたいプレイヤー選び!

    「ともだち」になることでマップ画面で「サーチ」した際にお互いに表示されやすくなる。そのため自宅や学校などよく行く場所でここ数日の移動距離が多いプレイヤーや、希望の妖怪を「ヒョーイ」させてくれるなど、「ヒョーイ」をしあうことでメリットのあるプレイヤーと「ともだち」になるのがオススメ。(2018年12月10日、現在)

  • 「レベルアップ」で体力全回復!

    バトル時に体力が少なくなってしまっても、「レベルアップ」することで「気絶」からでも体力が全回復する。バトル終了後に体力が少ない妖怪は「けいけんちだま」で「レベルアップ」して体力を回復するのもオススメ。(2018年12月10日、現在)

  • レベルを上げたいときは「前衛」右側配置がおすすめ!

    「前衛」の右側はバトル開始時、「おたすけ妖怪」と即座に「位置入れ替え」が可能なため、強力な「おたすけ妖怪」が控えている場合はレベルを上げたい妖怪を右側に配置しよう。(2018年12月10日、現在)

  • 「秘伝書」とは?

    妖怪の「こうげき」「ようじゅつ」「ひっさつわざ」「わざレベル」を上げることができるアイテム。「合成強化」「わざレベル」を上げるのが難しい高ランクの妖怪に使用したい。(2018年11月24日、現在)

  • 端末二台持ちは「リセマラ」がオススメ!?

    携帯端末を二台以上持っているプレイヤーは片方の端末での「リセマラ」がオススメ。『妖怪ウォッチワールド』は最初の10連ガシャが何度でも引き直し可能なうえ、プレイ序盤の「クエスト」報酬などで100近い「妖怪玉」を手に入れることができる。リセマラ用のサブ端末で目当ての妖怪を「ガシャ」で引き当てたら、メイン端末へその妖怪を「ヒョーイ」させ「おでかけバトル」でともだちになろう。(2018年11月24日、現在)

  • 「リセマラ」って必要?

    チュートリアル終了後に10連「ガシャ」を「一度のみ」何回でも引き直し可能なため、『妖怪ウォッチワールド』では「リセマラ」は不要。基本的にお目当てのSランクの妖怪を引き当てることができれば終了。(2018年11月24日、現在)

  • ともだちになった事がある妖怪か知りたい!

    妖怪の名前の横に出てくる「妖怪大辞典」マークに「済」と表示されていれば、ともだちになったことのある妖怪の証。(2018年11月24日、現在)

     

     

  • 「ヒョーイ」する時間って伸びるの!?

    「ヒョーイ」する時間は、妖怪のランクとレベルによって大きく変わってくる。E~Sのランクとレベルが高いほどに「ヒョーイ」のできる時間は大きい。Eランクの妖怪だと、レベル1は「ヒョーイ」の時間が1時間、レベル99だと12時間。Sランクの妖怪だと、レベル1は「ヒョーイ」の時間が6時間、レベル99だと72時間にもなる。(2018年11月24日、現在)

  • 「のってけ妖怪」とは?

    マップ画面または、「妖怪の木」から「サーチ」すると稀に、「ヒョーイ」することで特定の場所まで連れていってくれる「のってけ妖怪」が出現することがある。「ヒョーイ」した際の目的地は「のってけ妖怪」の「プロフィール」「よく行くところ」「階級」が低いほど出現率が高くなるので、ゲーム序盤では積極的に「ヒョーイ」したい。(2019年3月11日、現在)

  • 「○○地方の妖怪と○○体ともだちになる」クエストはやるべき!?

    「○○地方の妖怪と○○体ともだちになる」の「クエスト」は、100体とともだちになった際に手に入るアイテムが「封印妖怪」となっている「ご当地妖怪」「合成進化」させることのできるアイテムとなっている。「合成進化」させた妖怪も「封印妖怪」となっているため、自力で「レジェンド妖怪」を開放したい場合は各地に「妖怪の木」を埋めて、各地方のともだちの数を稼ぎたい。(2018年11月24日、現在)

  • 「おやすみメダル」とは?

    他プレイヤーに「ヒョーイ」した妖怪は、「ヒョーイ」の時間が終わったときにいた市区町村に「おやすみメダル」として残留。「再ヒョーイ」「旅の履歴」「呼び戻す」のコマンドを選べる状態になる。(2018年11月24日、現在)

  • マップ画面の「キラキラ」とは?

    マップ画面で「サーチ」を行った際に、他プレイヤーや妖怪以外に点滅する「キラキラ」が現れることがある。「たべもの」「けいけんちだま」を手に入れることができるため、積極的に収集しよう。(2018年11月24日、現在)

  • 地域ごとの「おみやげ」「妖怪」などの詳細が知りたい!

    マップ画面の上部にある地域名をタッチすることで、その地域の「おみやげ」「妖怪」の詳細や収集具合などを確認することができる。未収集の「おみやげ」と未遭遇の妖怪は空欄。遭遇はしたが友達になっていない妖怪はひとだまのマークで表示され、タッチすることでどんな妖怪か確認できる。訪れていない場所は「未踏地区」として、地域名の左横に「未」と表示される。(2018年11月24日、現在)

  • 「レベル」を効率よく上げたい!

    レベルを早く上げるためには「バトルメンバー」から「後衛」に妖怪を配置したい。「後衛」に配置することでバトルに参加した扱いになり、経験値がもらえる。また、「とくぎ」の「がんばり屋」は「バトルで勝利したときに得られる経験値を10%増加する」を持つのでオススメ。(2018年11月24日、現在

  • 「気絶」した妖怪をはやく復活させたい!

    バトル中にHPが0になり「気絶」してしまった場合に自動的な回復を待っていると、「8時間」かかってしまう。そんなときは「ショップ」「3500ヨーカ」で購入できる「まず~い漢方」がオススメ。体力は全快ではないものの妖怪を復活させて、全快までの待ち時間を20分ほどに縮めることができる。(2018年11月24日、現在)

  • 「ひとこと」を活用しよう!

    「サーチ」時にマップ画面に表示されるプレイヤー情報として「妖怪パッド」「プロフィール」から「ひとこと」を設定可能。自分の移動スケジュールや「ヒョーイ」希望の妖怪を記載したりと有効に使える。マップ画面に簡易的に表示されるのは7文字まで。(2018年11月24日、現在)

  • 鬼神シリーズの「そうび」ってどうやって手に入れるの!?

    妖怪の「こうげき」「ようじゅつ」「ひっさつわざ」、各種の技レベルを「合成強化」で☆10にすることでそれらに応じた「鬼神のバッジ」「鬼神のうでわ」「鬼神のおまもり」が「クエスト」の報酬として手に入る。プレイ序盤から手に入る「そうび」として非常に強力。自身の地域のEランク妖怪を「合成進化」させることが現実的な最短ルート。また、妖怪レベル99にすることで「鬼神のゆびわ」が手に入る。(2018年11月24日、現在)

  • 「ランク」ごとにレベルの上がりやすさが違うってホント!?

    妖怪はE~Sの「ランク」で分類されていて、レベルアップに必要な経験値がランクごとに全く違う。ランクが低い妖怪ほどレベルが上がりやすく、EランクとSランクのレベルが99に上がる速度は段違い。プレイ序盤はレベルを上げることで強力な「そうび」が手に入る「クエスト」があるため、Eランクの妖怪を率先して育てよう。(2018年11月24日、現在)

  • 「おはらい」とは?

    バトル中に相手妖怪から「とりつく」を食らってしまった場合、その妖怪を「後衛」に引っ込めて10回タップすることで解除することができる。それを「おはらい」と呼ぶ。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖怪メダルボックス」の数が足りない!

    手持ちの「妖怪メダル」たちを保管しておける「妖怪メダルボックス」は、「ショップ」の「そのた」から「妖怪玉」を1つ消費するごとに拡張が可能。拡張上限有。(2018年11月24日、現在)

  • 「のりかえ」とは?

    「ヒョーイ」した他プレイヤーの現在地付近から、また別のプレイヤーへと「ヒョーイ」し直すこと。「承認」が降りないときや、「ヒョーイ」先のプレイヤーがなかなか移動してくれないときは「のりかえ」で移動距離を稼ぐのがオススメ。(2018年11月24日、現在)

  • 「そうび」とは?

    妖怪のバトル時のステータスである「ちから」「まもり」「ようりょく」「すばやさ」を増減させるアイテム。「クエスト」「ショップ」「妖怪大戦」で手に入る。「そうび合成」でレベルを上げて増減させる値を変化させることも可能。基本的に「そうび」は1つまでだが、妖怪によっては2つ「そうび」させることができる。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖怪の霊樹」とは?

    「妖怪の木」メニューから「妖怪玉」を1つ消費することで購入できる強化版「妖怪の木」「おそなえ」はできないがランクB以上の妖怪が出現しやすい。「樹力」「地力」は「妖怪の木」と違い、72時間衰えることなく力を発揮する。さらに72時間経過後は「霊樹の跡地」が残り「妖怪玉」で即復活可能。しかし、他の場所に植えたい場合は撤去が必要。(2018年11月24日、現在)

  • 「地力」とは?

    植えた「妖怪の木」に妖怪が寄り付きやすい値。「地力」が高いほど妖怪が寄り付きやすく、それは他のプレイヤーがどれだけその場所に「妖怪の木」を植えているかで決まり、その数が多いほど下がってしまう。人気の妖怪が出現する場所は「地力」が下がってしまうので、その付近でも「地力」の高い場所に「妖怪の木」を植えるのがオススメ。(2018年11月24日、現在)

  • 「おそなえ」とは?

    「妖怪の木」に特定の妖怪が寄り付きやすくするための方法。アイテムを消費して「おそなえ」することで、そのアイテムが「こうぶつ」の妖怪が出現する可能性が高くなる。時間が切れるまで妖怪を何回「キャッチ」しても効果はなくならない。アイテムによって効果の持続時間が大きく変わるため、注意が必要。(2018年11月24日、現在)

  • 「うんがいゲージ」を全回復する3つの方法!

    「うんがいゲージ」を全回復する方法が3つある。

    .「1000ヨーカ」「妖怪の木」を購入

    2.「妖怪玉」1つで「妖怪の霊樹」を購入

    3.「うんがいゲージ」が0の時に「妖怪玉」を1つ消費することで全回復できる(2018年11月24日、現在)

     

  • 「妖怪パッド」とは?

    メイン画面の右側に位置する顔をもよおしたパッドのこと。タッチすることで各種アプリを閲覧でき、アプリで未確認の情報があった際に「!」マークでお知らせしてくれる。長押ししながら上下にスライドすることで位置調整もできる。(2018年11月24日、現在)

  • 「妖魂注入」とは?

    バトル中に「前衛」の妖怪を長押しすることで、パワーアップする「妖魂注入」を行うことができる。「気力ゲージ」を1消費することで「妖魂注入」を1段階おこなえ、10段階目まで上昇させられる。段階を上げることで効果の時間が伸びるが、ステータスのアップ値に変化は無い。効果が切れてしまうと妖怪がサボりやすくなってしまうため、試合中盤以降に使うのがオススメ。(2018年11月24日、現在)

  • ゲーム序盤に10万ヨーカGET!

    ゲーム序盤は特に「ヨーカ」が不足して困ることが多い。そんな人は「クエスト」「金の卵を10回さわる」をクリアしよう。報酬が得られるのは1回限りだが「10万ヨーカ」もの大金が手に入る。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「YDチップ」とは?

    「妖怪玉ショップ」にて「¥240」で購入でき、その効果は4つ。1・妖怪のサーチをスキップしてバトルにいける。2・「ヒョーイ」し終えたときに獲得できる「おでかけヨーカ」の量がアップ。3・バトル終了時に妖怪が友達になる確率がアップ。4・バトル終了時の獲得経験値がアップ。といった効果が「30日分」付与される。『妖怪ウォッチワールド』の楽しさが増すアイテムなので、購入してみてもいいだろう。(2018年11月24日、現在)

  • バトル中に「もちもの」から「こうぶつ」を探すのがめんどくさい!

    バトル中に「こうぶつ」を選んで与えることで、友達になる確率が上がる。しかし「もちもの」が増えると「こうぶつ」を探すことが難しくなってしまう。そんなときは「もちもの」を押した後に相手妖怪をタッチしよう。相手妖怪の好物たちが先頭に並んでくれるため、探す手間が省ける。(2019年2月12日、現在)

     

  • 「おたすけ妖怪」とは?

    「おたすけ妖怪」は「親友」のバトルに助太刀させる妖怪のこと。「妖怪パッド」「妖怪メダル」→「おたすけ妖怪」から設定可能。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「レベルアップ進化」とは?

    一部の妖怪はレベルを上げることで「レベルアップ進化」することができる。例えば、Eランク妖怪の「ワカメくん」はレベル15に達したときにCランク妖怪の「ワカメ☆スター」へ進化を遂げることができる。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「妖怪ウォッチランク」を効率よく上げたい!

    「チョーシ堂」の「クエスト」で、特に難しいⅭ以降の「○ランクの妖怪○○と友達になる」。Ⅽランク時は「ショップ」にある「五つ星コイン」を、B~Aランク時は「妖怪玉」を使用して「ガシャ」を利用するのが近道。さらには低いランクの妖怪も高いランクの妖怪に変わる「レベルアップ進化」「合成進化」も活用しよう。(2018年11月24日、現在)

  • 「百鬼夜待(ひゃっきやたい)」とは?

    「サーチ」をして妖怪を見つけた際に「あとで」を選択することで、バトルを保留することが出来る機能。保留時間は24時間までで、最大保留数は100体。ちょっとした空き時間に妖怪をサーチしておいてまとまった時間にバトルしたいときや、時間帯限定出現の妖怪を時間内にひたすら溜めるときなど、有効に活用しよう。(2018年11月24日、現在)

  • 妖怪(強さ、育成、すみか)

  • 「合成進化」できるか確認しよう!

    手持ちの妖怪や道具で「合成進化」が行えるかどうかは、「妖怪パッド」「合成進化」から確認可能。新しいともだち妖怪やどうぐが増えてきたら「合成進化」できる状態かたしかめてみよう。「合成」の結果が既にともだち妖怪だった場合は、妖怪の右横に「済」のマークがつく。足りない妖怪や道具は左側に「未所持」の表記が出る。(2019年3月11日、現在)

  • 「さまよい妖怪」とは?

    マップ画面の上部にある地域名をタッチすることで、確認できる妖怪の種類。「さまよい妖怪」は、イベントにそって変わる類の妖怪のこと、出現の仕方はイベントによってことなる。(2019年2月22日、現在)

  • 「とくぎ」がない妖怪もいるの!?

    Cランク以下の妖怪は「とくぎ」を持たない。Bランク以上の妖怪が「とくぎ」を持ち、Sランクにもなると確実に複数の「とくぎ」を持つようになる。(2019年2月22日、現在)

  • 「古典妖怪」とは?

    『妖怪ウォッチ2』から初登場となった妖怪の分類。各地に伝わる民話や伝説に登場する由緒正しい妖怪たちのことをさす。(2019年1月5日、現在)

  • 「メリケン妖怪」とは?

    「メダル詳細」の画面左上に表記されている「メリケン」は、主に『妖怪ウォッチ3』の舞台、アメリカの「セントピーナッツバーグ」で登場している妖怪たち。「メリケン」の呼び方は「アメリカン」からきている。(2019年1月5日、現在)

  • 「ジバニャン」は2体は友達にすべし!

    「ジバニャン」は「合成」で、「イガイガグリ」と「グレるりん」と掛け合わせることで「合成進化」させることができる。唯一、2パターンの「合成進化」をもっているためともだちにできるタイミングがあれば、2体はともだちにしておきたい。(2019年1月5日、現在)

  • 「アンドロイド山田」の意外な「とくぎ」!?

    「クエスト」の報酬や、運営からのプレゼント、「ガシャ」などでともだちになることが多い「アンドロイド山田」。「追撃」といって「妖怪大戦で敵に与えるダメージを○○増加する」という特殊な「とくぎ」がある。「アンドロイド山田」には「銅」「銀」「金」の3種類が存在し、与える増加ダメージは順に「10」「50」「150」。(2019年1月5日、現在)

     

     

  • 妖怪の名前の横に「地区名」がついてるのはなんで!?

    妖怪と「バトル」してともだちになった際に、名前の横にともだちになったときの「地区名」がつく。(2018年12月10日、現在)

  • 「個体値」ってあるの!?

    『妖怪ウォッチワールド』にも、同じ妖怪に能力の差が確認されているため「個体値」は存在する。しかし、その数値の差はバトルに影響を及ぼすほどでは無いため、重要視はされていない。(2018年12月10日、現在)

  • 「呪いの日記帳」とは?

    「クエスト」の「バトルで100体の妖怪とともだちになる」の達成報酬である「呪いの日記帳」。Cランク妖怪の「花子さん」との「合成進化」で使用することでAランク妖怪の「呪野花子」に進化する。(2018年12月10日、現在)

  • 「進化」する妖怪はどこで見分けるの!?

    「妖怪パッド」「妖怪メダル」→妖怪をタッチして「詳細」を開くことで、「進化」が可能な妖怪の右側に「合成進化」「レベルアップ進化」の表記がされている。(2018年12月10日、現在)

  • 「白銀のかみどめ」とは?

    「バトルで500体の妖怪とともだちになる」の「クエスト」で手に入る「白銀のかみどめ」。「合成進化」にて「ゆきおんな」+「白銀のかみどめ」でSランクの妖怪の「ふぶき姫」へと進化する。積極的に妖怪とともだちになりたい。(2018年11月24日、現在)

  • 「ニョロロン族」とは?

    とにもかくにもニョロロ~ンとした妖怪たち。とりつかれにくい、という特徴を持つ。「プリチー族」「ポカポカ族」に対して有利。「イサマシ族」「ゴーケツ族」に対して不利。与えるダメージが有利なら1.2~1.5倍、不利なら0.5~0.8倍になる。(2018年11月24日、現在)

  • 「ウスラカゲ族」とは?

    いつも悪いことを考えている邪悪な妖怪たち。相手のステータスをダウンさせる技をもつものも。「イサマシ族」「ゴーケツ族」に対して有利。「プリチー族」「ポカポカ族」に対して不利。与えるダメージが有利なら1.2~1.5倍、不利なら0.5~0.8倍になる。(2018年11月24日、現在)

  • 「ブキミー族」とは?

    ゾッとするような不気味な妖怪たち。相手のステータス異常を与える妖怪が多い。「イサマシ族」「ゴーケツ族」に対して有利。「プリチー族」「ポカポカ族」に対して不利。与えるダメージが有利なら1.2~1.5倍、不利なら0.5~0.8倍になる。(2018年11月24日、現在)

  • 「ポカポカ族」とは?

    やさしい心を持った、癒し系の妖怪たち。回復系に長けている。「ウスラカゲ族」「ブキミー族」に対して有利。「フシギ族」「ニョロロン族」に対して不利。与えるダメージが有利なら1.2~1.5倍、不利なら0.5~0.8倍になる。(2018年11月24日、現在)

  • 「プリチー族」とは?

    だきしめたくなるようなかわいい妖怪たち。素早さはピカイチ。「ウスラカゲ族」「ブキミー族」に対して有利。「フシギ族」「ニョロロン族」に対して不利。与えるダメージが有利なら1.2~1.5倍、不利なら0.5~0.8倍になる。(2018年11月24日、現在)

  • 「フシギ族」とは?

    何を考えているかわからない、不思議な妖怪たち。妖術が得意。「プリチー族」「ポカポカ族」に対して有利。「イサマシ族」「ゴーケツ族」に対して不利。与えるダメージが有利なら1.2~1.5倍、不利なら0.5~0.8倍になる。(2018年11月24日、現在)

  • 「ゴーケツ族」とは?

    身も心もタフなごうけつ妖怪たち。防御力はピカイチ。「フシギ族」「ニョロロン族」に対して有利。「ウスラカゲ族」「ブキミー族」に対して不利。与えるダメージが有利なら1.2~1.5倍、不利なら0.5~0.8倍になる。(2018年11月24日、現在)

  • 「イサマシ族」とは?

    勇ましい心を持ったかっこいい妖怪たち。物理攻撃が得意。「フシギ族」「ニョロロン族」に対して有利。「ブキミー族」「ウスラカゲ族」に対して不利。与えるダメージが有利なら1.2~1.5倍、不利なら0.5~0.8倍になる。(2018年11月24日、現在)

  • 妖怪の「種族」とは?

    妖怪を8種類に分けたもの。「種族」同士には相性があり、バトル時の組み合わせに有利・不利が生じる。「イサマシ族」「ゴーケツ族」「ウスラカゲ族」「ブキミー族」「プリチー族」「ポカポカ族」「ニョロロン族」「フシギ族」が基本的な8種族。他にも「アンドロイド山田」の「ハグレ族」、「怪魔五人衆」をはじめとする「かいま族」、「エンマ大王」は唯一無二の「エンマ族」までが確認されている。(2018年11月24日、現在)

  • 「USAピョン」シリーズとは?

    「ジバニャン」「コマさん」に続くマスコットキャラクター「USAピョン」から派生していった妖怪たち。「USAピョン」をはじめ、「アメフトUSAピョン」「ダイバーUSAピョン」「アーミーUSAピョン」「レーサーUSAピョン」「超特急USAピョン」「かぐやUSAピョン」「USAピョンサンタ」が確認されている。「超特急USAピョン」と「USAピョンサンタ」はイベント限定で、「かぐやUSAピョン」は過去の「ピックアップガシャ」でのみ出現している。(2018年12月4日、現在)

  • 「モモタロニャン」シリーズとは?

    ジバニャンの派生で、おとぎ話の『桃太郎』の登場キャラクターを模した「イヌニャン」「サルニャン」「キジニャン」「モモタロニャン」に加え、『浦島太郎』と『金太郎』の主人公を模した「ウラシマニャン」「キンタロニャン」も「モモタロニャン」シリーズに分類されている。「モモタロニャン」「ウラシマニャン」「キンタロニャン」は、過去の「ピックアップガシャ」でのみ出現している。(2018年11月24日、現在)

  • 「フルーツニャン」シリーズとは?

    ジバニャンの派生で、果物の名前と見た目を模した「ミカンニャン」「キウイニャン」「ブドウニャン」「イチゴニャン」「リンゴニャン」「パインニャン」「メロンニャン」「スイカニャン」が確認されている。各「フルーツニャン」は「ご当地妖怪」として出現する。「リンゴニャン」「パインニャン」は、過去のイベント限定出現。(2018年11月24日、現在)

  • 「怪魔五人衆」とは?

    『妖怪ウォッチ』シリーズに登場する、「かいま族」の強敵妖怪「怪魔五人衆」。「不怪」「厄怪」「難怪」「破怪」「豪怪」の五人。『妖怪ウォッチワールド』の登場は、2018/7/31~2018/8/27の地域ごとの限定出現のみ。(2018年11月24日、現在)

     

  • 「○○地方の妖怪と○○体ともだちになる」クエストはやるべき!?

    「○○地方の妖怪と○○体ともだちになる」の「クエスト」は、100体とともだちになった際に手に入るアイテムが「封印妖怪」となっている「ご当地妖怪」「合成進化」させることのできるアイテムとなっている。「合成進化」させた妖怪も「封印妖怪」となっているため、自力で「レジェンド妖怪」を開放したい場合は各地に「妖怪の木」を埋めて、各地方のともだちの数を稼ぎたい。(2018年11月24日、現在)

  • 「封印妖怪」とは?

    「妖怪大辞典」「レジェンド妖怪」の封印を解くために、ともだちになる必要がある妖怪のこと。「ご当地妖怪」が必要な妖怪も多い。「解放妖怪」と呼ぶこともある。(2018年11月24日、現在)

  • 「ご当地妖怪」とは?

    各都道府県の市区町村に限定的に出現する「じもと妖怪」のこと。「妖怪大辞典」に封印されている「レジェンド妖怪」「封印妖怪」として存在する妖怪も多い。(2018年11月24日、現在)

  • 「宝石ニャン」とは?

    ジバニャンの派生で、宝石の名前と見た目を模した「サファイニャン」「エメラルニャン」「ルビーニャン」「トパニャン」「ダイヤニャン」のことを通称「宝石ニャン」と呼ぶ。「じもと妖怪」として探すにはあまりに限定的な地域に存在している「ご当地妖怪」のため、「ヒョーイ」されたらすぐさま「おでかけバトル」をしかけたい。「レジェンド妖怪」を開放するための「封印妖怪」の役割もある。(2018年11月24日、現在)

  • 「じもと妖怪」とは?

    マップ画面の上部にある地域名をタッチすることで、確認できる妖怪の種類。「じもと妖怪」はその地域に居ついてる妖怪のこと、各都道府県の市区町村で限定の妖怪もいるため細かくチェックしたい。(2018年11月24日、現在)

  • あるはずの「とくぎ」が無いのはなんで!?

    妖怪の持つ特別な能力「とくぎ」。他プレイヤーから「ヒョーイ」されて「おでかけバトル」をしたのちに、ともだちになった妖怪には「とくぎ」が無い。(2018年11月24日、現在)

  • 地域ごとの「おみやげ」「妖怪」などの詳細が知りたい!

    マップ画面の上部にある地域名をタッチすることで、その地域の「おみやげ」「妖怪」の詳細や収集具合などを確認することができる。未収集の「おみやげ」と未遭遇の妖怪は空欄。遭遇はしたが友達になっていない妖怪はひとだまのマークで表示され、タッチすることでどんな妖怪か確認できる。訪れていない場所は「未踏地区」として、地域名の左横に「未」と表示される。(2018年11月24日、現在)

  • 「ランク」ごとにレベルの上がりやすさが違うってホント!?

    妖怪はE~Sの「ランク」で分類されていて、レベルアップに必要な経験値がランクごとに全く違う。ランクが低い妖怪ほどレベルが上がりやすく、EランクとSランクのレベルが99に上がる速度は段違い。プレイ序盤はレベルを上げることで強力な「そうび」が手に入る「クエスト」があるため、Eランクの妖怪を率先して育てよう。(2018年11月24日、現在)

  • 「レベルアップ進化」とは?

    一部の妖怪はレベルを上げることで「レベルアップ進化」することができる。例えば、Eランク妖怪の「ワカメくん」はレベル15に達したときにCランク妖怪の「ワカメ☆スター」へ進化を遂げることができる。(2018年11月24日、現在)