いまさら聞けない!ゲーム『妖怪ウォッチ』シリーズ

このページを10秒で説明!

妖怪ウォッチのゲームってどんなゲーム?

次に出る妖怪ウォッチのゲームはこれ!

歴代の妖怪ウォッチのゲームも内容も把握しておこう!

 

 

 

妖怪ウォッチのゲームは本当に多くの人が遊んでくれてたでうぃす!

 

ジバニャン旋風を巻き起こした自覚があるニャ!でもなんでそんなにみんなが遊んでくれてたんだったかニャ?

 

その秘密はこれですぞ!一緒におさらいしていくでうぃす!

 

妖怪ウォッチのゲームってどんなゲーム?

 

妖怪ウォッチが生まれたのは2013年に発売されたニンテンドー3DSのゲームが始まりだったでうぃす

 

ゲームが人気だったからアニメ放映も始まったんだニャ!

 

 

その大ヒット作となった妖怪ウォッチがどんなゲームだったかを見ていくでうぃす!

 

詳しく知ったらハマること間違いないニャ!

 

▲これがプレイ画面だ!探索できるぞ

 

『妖怪ウォッチ』のゲームは、妖怪をテーマとしたRPGゲームだ。

 

プレイヤーはゲームの舞台となる“さくらニュータウン”の住人になりきり、草むらや川の中、自動販売機の下まで探索することができる。

 

そして、探索を進めているうちに妖怪が出てくるので、ともだちになったり、悪い妖怪だとバトルが起こったりするのだ。

 

▲戦闘中のプレイ画面はこんな感じ

 

『妖怪ウォッチ』は触って遊ぶことをテーマとしていて、写真にある下部分のプレイ画面を叩いたり、こすったりして妖怪と戦っていく。

 

機械的に戦っていくのではなく、まるで自分がそこにいるかのようにゲームの世界に入り込んでいけるところが子どもたちの心を捉えたのだ!

 

▲ゲーム内では魚を釣り上げることも可能だ!

 

探索して妖怪と戦うという流れはどこかドラクエを彷彿させるが、実はそれだけではない。

 

『妖怪ウォッチ』のゲーム内では“さくらニュータウン”の住人達から“たのみごと”としてクエストが配信される。

 

そのクエストをクリアするために、魚釣りや虫を捕まえることも必要となってくるのだ。

 

この流れは『どうぶつの森』や『モンスターハンター』などを連想させる。

 

▲『妖怪ウォッチ2』では人気のゆるキャラ“くまモン”ともコラボを果たした!

 

 

他にも人気キャラとのコラボがあったりと、人気が出る要素がギュッと盛りだくさんに詰め込まれた内容になっている!

 

2019年6月!3年ぶりに妖怪ウォッチのゲームの新作が出るぞ!

 

一大ブームとなった妖怪ウォッチでうぃすが、実は再ブーム到来間近と言われているでうぃすよ!

 

どういうことニャ?

 

位置ゲームの『妖怪ウォッチワールド』もじわじわ人気が広がっているでうぃす

 

それだけでブーム再来とは言えないニャ!

 

2019年4月からはアニメの新シリーズ放送、6月には3年ぶりの新作ゲームの発売が決まっているんですぞ!

 

確かに盛りだくさんで勢いがあるニャ!

 

アニメもゲームも大ヒットを呼んだ『妖怪ウォッチ』の舞台の続きから始まるから再び大人も子どもも楽しめそうなんでうぃす!!

 

 

『妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている』

 

なんともノスタルジー漂う副題と共に、2019年6月6日にニンテンドースイッチのソフトとして発売されるのだ。

 

同じ空とは何を指すのかと言うと、

 

 

まずは、『妖怪ウォッチ』で馴染みの深い“さくらニュータウン”に住むケータの世界だ。

 

 

 

 

そして、現在放送中のアニメ『妖怪ウォッチ シャドウサイド』の舞台でもあるケータがいた世界から30年後のナツメの住む世界。

 

 

 

 

3つ目の世界は2018年12月14日より公開された『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』の世界である。

 

こちらの世界は、ケータの住む世界よりも約60年前になる1960年代が舞台となっているのだ。

 

 

 

最後は、妖怪たちが暮らす妖魔界が舞台となっていて、時代背景が全く異なる4つの世界がシンクロしてゲームのストーリーが進行していく形になっている。

 

だから、現在放送中のアニメにどっぷりハマっている人、妖怪ウォッチブーム時代にハマっていた人、そしてこれから妖怪ウォッチを見始める人の全てをターゲットしたゲーム内容になっているのだ!

 

 

発売開始が待ちきれないでうぃす!

 

 

大人も子どもも楽しめそうニャ!

 

 

歴代の妖怪ウォッチのゲームを復習しておこう!

 

 

では最後に新ゲーム発売に先駆けて、これまでリリースされた妖怪ウォッチのゲームをサラッとおさらいしていきますぞ!

 

懐かしいタイトルも出てくるかもしれないニャ!

 

 

 

2013年7月『妖怪ウォッチ』発売

 

 

このゲームの発売から妖怪ウォッチの伝説が始まった!

 

玩具の『妖怪メダル』と連動してQRコードを使いゲームに反映させる仕組みが大ヒット。

 

2014年の日本ゲーム大賞の年間作品部門の大賞作品に輝いた。

 

 

2014年7月『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』の2本同時発売

 

 

社会現象を巻き起こした妖怪ウォッチの勢いは更に加速していき、強気の2本同時リリースとなった。

 

この2本は繰り広げられるストーリーは同じだが、どちらかでしか入手できない妖怪がいたり、一部ダンジョンが違うなど、とことんやり込みたい場合は両方入手する必要があるのだ。

 

 

2014年12月『妖怪ウォッチ2 真打』発売

 

 

更に5ヶ月後には同じ『妖怪ウォッチ2』の更なるバージョン違いである『真打』がリリースされた。

 

ストーリーは元祖/本家と同じだが、一部2014年12月に公開された『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』のエピソードを追加収録した形となっている。

 

もちろん真打でしか入手できない妖怪もいる。

 

 

 

2016年7月『妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ』発売

 

 

 

ポップなパッケージが印象的な『妖怪ウォッチ3』も2本同時リリースとなっている。

 

ここで初めて舞台は“さくらニュータウン”からUSAへと移行する。

 

そして後にジバニャン・コマさんに並ぶアイコン的キャラクターとなったUSAピョンを生み出したのだ!

 

▲宇宙服に包まれたうさぎのような姿がかわいいと話題になった

 

 

 

2016年12月『妖怪ウォッチ3 スキヤキ』発売

 

 

スシ/テンプラのリリースの5ヶ月後には、同じ『妖怪ウォッチ3』のシリーズとしてスキヤキが発売された。

 

こちらも2016年12月公開の「映画妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」のエピソードを追加収録している。

 

今作からマルチプレイアクションの「妖怪ウォッチバスターズT」モードが追加されたのが大きな特徴だ。

 

 

 

今回紹介したのは本編シリーズで、他にも『妖怪三国志』などのスピンオフ作品もリリースされているでうぃす!

 

 

まとめてみると同シリーズ3本はちょっとやり過ぎたかもしれないニャ…。

 

 

そ、それだけ需要もあったってことでうぃす!

 

 

本編シリーズのゲームの新作は3年ぶりだからすっごく楽しみニャ!